テクニカル教室

第10回「目標値計算編 その3」

掲載日:2019年11月27日

一目均衡表計算

一目均衡表には、値幅観測論という理論があります。値幅観測論は、過去の値幅から将来の値幅を予測するという理論です。そして、アルファベットのN型の波動上において、E計算、N計算、Ⅴ計算、NT計算という4種類の計算方法があります。

E計算

E計算は、①から②までの上昇・下降に対して、「押し目」や「戻り」の後にどの位の上昇・下降があるのかを測る計算方法です。重要なポイントである②の延長線上を抜けた場合、どこまでの上昇・下降があるのかを計算で予測する方法です。①から②までの値幅と同等の値幅を➁の延長線上から計算すると、目標値の➃が計算で導き出されます。

N計算

N計算は、①から②までの上昇・下降に対して、その後の押し目や戻りの後にどの位の上昇・下降があるのかを測る計算方法です。「押し目」や「戻り」のポイントである③からどこまでの上昇・下降があるのかを計算で予測する方法です。①から②までの値幅と同等の値幅を➂から計算すると、目標値の➃が計算で導き出されます。

Ⅴ計算

Ⅴ計算は、②から③までの「押し目」や「戻し」の後にどの位の上昇・下降があるのかを測る計算方法です。重要なレジスタンスやサポートである②の延長線上を抜けた場合にどこまでの上昇・下降があるのかを計算する方法です。②から③までの値幅と同等の値幅を➁の延長線上から計算すると➃が導き出されます。②から③までの上昇や下降に対する倍返し(2倍の下降や上昇)の目標値が計算できます。

NT計算

NT計算は、➀から➁までの上昇に対する「押し目」や「戻し」のポイントである③からどこまでの上昇・下降があるのかを計算する方法です。①から③までの値幅と同等幅の値幅を③から計算すると、➃が導き出されます。ただ、出現頻度や見極めなどの点から、やや実践的には使い難い面もあります。

以上4つの計算方法をご紹介しましたが、個人的には目標水準を予測する上でN計算、E計算を多用しており、Ⅴ計算、NT計算に関しては出現頻度や見極めなどの点から使い難い面もあり、あまり使っていません。そのため、このような手法があるという程度に留めて良いかと。また、必ずしも計算通りの上昇・下降とならない場合もあるので、最初の波動で要した日数を考慮し、オシレーターなどのツールを合わせて、目標の期間や値幅を判断するようにしています。

下のチャートでは、➀から➁までの上昇後、➂までの調整となりました。その後、底打ちとなり重要なレジスタンスとなる➁を抜けたことからN計算(➀から➁までの値幅を➂からプラス)で上値の目標値を計算すると➃が導き出されます。➀から➁まで日柄を考慮してオシレーターのMACD合わせて見ると、MACDで両線がクロスしたBのポイントが日柄を考慮した手仕舞いのポイントと判断します。結果的に➃のポイントまでは到達できなかったケースとなります。

【提供:SBIリクイディティ・マーケット株式会社】

お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。

【ご質問受付】

上記レポートに関するご質問を受付中!レポート作者でもあるテクニカルアナリスト竹内友浩があなたのご質問にお答えします。
なお、頂きましたご質問に関しては、本ホームページにて後日公開させていただく予定ですのでご期待ください。また頂きましたご質問にお答えできない場合もございますのであらかじめご了承ください。

【筆者紹介】

竹内 友浩
SBIリクイディティ・マーケット 金融市場調査部 副部長
国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA) 認定テクニカルアナリスト
日本テクニカルアナリスト協会 検定会員

証券会社などでコモディティー、証券業務に従事、為替部門ではカスタマーディーラーとして勤務。現在、SBIリクイディティ・マーケット 金融市場調査部に所属、日々ディーリングルーム内で為替動向をウォッチ。SBI証券、SBIFXトレード、住信SBIネット銀行、Yahooファイナンス、雑誌などに寄稿

【ご注意事項】

お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。