積立FXのルール | SBI FXトレード 

積立FXのルール

積立FXの取引ルール

積立FX

取引種類

店頭外国為替証拠金取引(商品名:積立FX(以下、「積立FX」))

※「積立FX」に係る全ての計算は、既存の外国為替証拠金取引(商品名:SBI FXTRADE(以下、「FX取引」))と区別し、それぞれの口座ごとに行なうものとします。

※「FX取引」・「積立FX」共通のIDとパスワードを利用し、FX取引画面又は、HP上の「積立FX」から取引画面へアクセスすることができます。

※ 本サービスでは、定期的な外貨取引及びお客さまの任意のタイミングで購入することができます。なお、「積立FX」の取引画面において取引内容の詳細をご確認いただくことができます。

※ 本サービスを利用する際には、「約款」、「契約締結前交付書面」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引いただく必要があります。

※ お客さまは、当社への取引口座を開設のうえ、ご利用されるサービスを申請いただくことで、「FX取引」と「積立FX」の両方又はいずれか一方のサービスが利用できます。(お客さまは、口座開設時において、ご利用されるサービスを選択していただきます。)

※ 新規口座開設時に口座開設通知書を送付します(各サービスについて個別に送金先の銀行口座を用意します。)。

取引方法 インターネット(PCWEB版のみ)
取扱通貨 米ドル/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円
中国人民元(CNH)/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、香港ドル/円
取引時間

【夏時間】日本時間:月曜日AM7:00~土曜日AM5:30

【冬時間】日本時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:30

※ 雇用統計など、重要指標の発表前後には取引を制限する場合がありますのでご注意ください。

メンテナンス時間

【夏時間】日本時間:月曜日AM6:30~AM7:00、火曜日~土曜日AM5:30~AM6:00

【冬時間】日本時間:月曜日~土曜日AM6:30~AM7:00

※メンテナンス時間中は取引画面にログインできません。

※メンテナンス時間中は価格配信を停止しているため、注文は約定しません。

取引価格

2WAY表示・当社が提示する所定の価格(小数点以下2桁)

※注文数量が50万通貨以下の場合は、一定時間固定された取引レートで約定します。ただし、マーケットの状況によってはこの限りではなく、注文数量が50万通貨を超過する場合と同様となることがあります。(一定の時間は5秒間、価格更新の呼び出しは3回迄)

※50万通貨を超過する注文の場合は、注文時点の売値と買値を確認し、その注文価格を指示する注文方法です。なお、許容スリッページ幅は0.03円固定となります。注文発注後にレート変動があった場合、当社のサーバに到達した時点のレートで約定します。提示されたレートで、すぐに取引したい場合に有効な注文です。

※スリッページ幅が次に掲げる状況となった場合は、注文が失効又は約定します。
・売却注文:注文発注後にスリッページ幅を超えて下落した場合、注文は失効します。一方、当社のサーバに到達した時点でスリッページ幅を超えて上昇した場合、指定したスリッページ幅以上に有利なレートで約定します。
・購入注文:注文発注後にスリッページ幅を超えて上昇した場合、注文は失効します。一方、当社のサーバに到達した時点でスリッページ幅を超えて下落した場合、指定したスリッページ幅以上に有利なレートで約定します。

※購入平均価格の算出は、小数点第4位を有効(小数点第5位を切り上げ)として表示します。

※チャートの価格は小数点以下2桁で現在の参考価格(仲値)を表示します。

取引上限

原則として、定期購入に係る注文申込の場合、1回の注文申込あたりの取引限度額は100万通貨までとなります。その他の注文申込の場合、1回あたりの取引限度額は1000万通貨までを上限とさせていただきます。
(投資効率1倍でのお取引申込時に1$=100円の時に1億円(=100万通貨)で購入を申込み、申込受付後に円高が進行した場合、総額で1億円分の実質100万通貨を超える購入が可能です。)

※ 建玉は通貨別、投資効率別に表示し、数量は「残高(外貨)」の合計を、建値は「購入平均価格」を用います。

※ 購入及び売却の指値注文は、1口座あたり最大で20件までとさせていただきます。

取引単位

1通貨単位ごと

定期購入に係る注文申込の際には、ご指定の購入頻度にかかわらず、1月あたりに定期購入する金額をご指定いただきます。
注文申込における最低取引単位は、全ての取扱通貨について1通貨単位とさせていただきます。また、注文申込の際に、購入又は売却の価格について、通貨単位にて指定される場合は1通貨単位ごと、円単位にて指定される場合は1円単位ごととさせていただきます。

※円単位での指定の場合、画面上の表示は0.01通貨まで表示、計算されます。(0.01通貨未満は、切り捨てて処理されます。)

初回最低入金額

最低入金額の制限はございません。

お客さまのご入金において、クイック入金では最低1,000円の金額制限がありますが、通常振込では制限はございません。

預入通貨 日本円
投資効率

レバレッジは、1倍、2倍、3倍の3通り(一部通貨では3倍の選択はできません。)から、お客様が任意に投資効率を選択することができます。

<中国人民元(CNH)、南アフリカランド、トルコリラ、香港ドルの場合>
1倍または2倍から選択できます。

<米ドル、英ポンド、豪ドル、NZ ドル、カナダドルの場合>
1倍、2倍または3倍から選択できます。

注文パターン

2WAY注文

執行条件

成行、指値注文

※各種注文方法は各種マニュアルなどをご参考ください。

購入頻度

お客さまが指定した購入頻度(日次ベース(当社の定める毎営業日)、週次ベース(毎週水曜日)、月次ベース(毎月26日)、なお、当該日が当社の定める営業日に該当しない場合は当社の定める翌営業日)の3通り)のAM11:30に発注。

・毎日の場合、月間購入金額を当該月の当社の定める営業日の日数で除した金額を、それぞれの当社の定める営業日に購入する
・毎週の場合、月間購入金額を当該月の水曜日の日数で除した金額を、各週の水曜日に購入する
・毎月の場合、月間購入金額を、26日に購入する

※購入頻度として「週次ベース」又は「月次ベース」を指定した場合、水曜日又は26日が当社の定める営業日に該当しない場合は、当社の定める翌営業日に購入するものとします。

※定期購入によるお客さまの約定価格(成立価格)は、11:30:00の価格をもって、すべて同一の価格で約定いたします。

注文の指示期限

当社の定める毎営業日のAM11:00まで

※AM11:00以降に受け付けた申込は、当社の定める翌営業日から有効とします。

預り金残高の取り扱い

クイック入金の場合、即時反映

※入金操作を指示したサービスを判定し、本サービスへの入金を実施。

解約申込

外国為替証拠金取引の口座を解約する場合は、コールセンターにお申し出ください。

※FX取引口座と定期取引口座の双方を同時に解約することとなります。

証拠金不足時の取り扱い

・口座全体の証拠金維持率が100%を下回った場合、外貨購入指値注文は取消され、定期購入に係る注文の受付を一時停止いたします。
・建玉保有の有無にかかわらず、未約定の外貨購入指値注文が指定した価格に到達した時点で口座全体の証拠金維持率が100%を下回った場合、すべての未約定の外貨購入指値注文は取消され、定期購入に係る注文の受付を一時停止いたします。
・定期購入の再開を希望される場合は、取引画面から「再開」のお手続きをお願いいたします。

FX取引口座がマイナス残高の場合の取り扱い

・FX取引口座において資産評価額がマイナス残高の場合は、すべての未約定の外貨購入指値注文は取消され、定期購入に係る注文の受付を一時停止いたします。
・定期購入の再開を希望される場合は、取引画面から「再開」のお手続きをお願いいたします。

注文指示の一時停止・再開

それぞれの注文申込ごとに、定期購入を一時停止することができます。定期購入の再開を希望される場合は、取引画面から「再開」のお手続きをお願いいたします。

建玉の決済について

売却される場合には、通貨・投資効率・数量を指定してください。

※実現損益は、(売却価格-売却時点の購入平均価格)× 売却数量で算出し、購入平均価格は小数点第4位(小数点第5位を切り上げ)となります。

取引必要証拠金 購入平均価格に通貨の数量(新規注文については、購入価格(現在価格)に購入予定の通貨の数量)を乗じ、投資効率で除して算出した金額。
スプレッド

USD/JPY 0.05円
GBP/JPY 0.3円
AUD/JPY 0.2円
NZD/JPY 0.3円
CNH/JPY 0.1円
ZAR/JPY 0.05円
TRY/JPY 0.4円
CAD/JPY 0.3円
HKD/JPY 0.05円

※現在提供中の「FX取引」と異なるサービスであり、「FX取引」の基準スプレッドとは異なります。

※上記の基準スプレッドは固定されたものではございません。市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにおきましては、やむを得ず上記以外のスプレッドになることもあります。

スワップポイント

スワップポイントはロールオーバーする度に加算されるもので、「米ドル/日本円」の米ドルと日本円のように、異なる2 通貨間の金利差によって生じる差損益です。原則として、金利の高い通貨を買付けることで受取り、金利の高い通貨を売付けることで支払いになりますが、マーケットの状況により変動する場合があります。日々のスワップポイントについては、取引画面で日々の実績値をご確認いただけます。スワップポイントは小数点第6位までを集計し、売却時において小数点第4位までを有効として、預り金残高に算入します。

取引手数料

無料

口座管理手数料

無料

入出金について

通常振込における振込手数料はお客さまのご負担となります。
クイック入金における振込手数料は当社で負担いたします。
出金時における振込手数料は当社で負担いたします。

※クイック入金における入金額は1,000円以上からとなります。

※お客さまのお振込先は、FX取引口座及び定期取引口座ごとに設定されます。

※FX取引の画面からクイック入金処理を行った場合はFX取引口座に入金、本サービスの取引画面からクイック入金処理を行った場合は定期取引口座に、それぞれ入金されます。

※取引画面から振替指示を行うことで、FX取引口座と定期取引口座との間での資金の振替(資金移動)が可能です。

※お客さまご負担の手数料は預り金残高又は出金依頼額から差し引かせて頂きます。

※ご出金依頼額が振込手数料に満たない場合は、お振込みができませんのでご注意ください。

※入出金の履歴は、取引画面から確認することができます(入出金履歴では、入金・出金のほか、売却に係る差引損益金が確認できます。)。

※FX取引口座において資産評価額がマイナス残高の場合は、銀行口座への出金はお取扱いできません(ただし、振替は可能です。)。

※本取引は外貨でのご出金はできませんのでご注意ください。

出金に係る日数

当該営業日の取引終了時間までにご依頼いただいた場合、翌営業日にお振込。原則4営業日以内。

※日本の銀行が非営業日の場合は営業日として扱いません。

カバー先

SBIリクイディティ・マーケット株式会社

バークレイズ・バンク・ピーエルシー

決済方法 反対売買による差金決済
レバレッジ判定
(証拠金規制)

原則として取引終了時点で証拠金規制の判定を行います。外貨建玉残高を円時価評価額で除した値を実効レバレッジといい、この実効レバレッジが25倍を超えた場合には、超過分を不足額(追加証拠金)として充当していただきます。不足額(追加証拠金)充当の期限は、翌営業日の取引終了時間(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の30分前までとなります。不足額が充当されない場合は、お客様が保有するすべての建玉を強制決済させていただきます。

※「本取引」における証拠金維持率は、外貨建玉残高を円時価評価額で除した値を用います。

ロスカット

証拠金維持率が30%を下回った場合は、お客様のすべての建玉について反対売買を行ない決済します。

※ アラーム通知は、証拠金維持率が100%及び35%を下回った時点で行われます。

OS

Windows7(32/64bit)

Windows8.1(32/64bit) ※タッチパネルは利用できません

Windows10(32/64bit) ※タッチパネルは利用できません

対応ブラウザ

Internet Explorer11.0

※Google Chrome、Microsoft Edge等のインターネットブラウザは当社推奨環境外ですので、動作保証はいたしかねますことをご了承ください。

※通信暗号化方式につきましてはTSL1.0以上に対応した環境でご利用ください。

DISK 100MB以上の空き容量
モニタ 1024×768以上の解像度
CPU

pentium4 3.00Ghz相当以上(WEB版)

メモリ

1GB以上(WEB版)