FXとは|はじめてのFX|SBI FXトレード 

はじめてのFX

FXでよく見る単語一覧

スプレッド

スプレッド=「売値」と「買値」の価格の差

FX取引会社によって、それぞれの通貨ペアのスプレッドが決められています。SBI FXトレードのスプレッド一覧はこちら

取引価格は、スプレッド分「売値」の方が低く、「買値」の方が高くなっています。また当社のスプレッドは1~100万通貨までは原則固定ですが、マーケットの実勢レートと同様に売買注文額が大きくなるほど、スプレッドの幅が広くなります。

スワップポイント

スワップポイント=2つの通貨の金利の差額

金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うことによってその差額のお金を受け取ることができます。(その逆は支払いが生じます。)スワップポイントはロールオーバー時に発生します。詳しくはこちら

ロールオーバー

ロールオーバー=ポジションを翌営業日に持ち越すこと

ポジション

ポジション=通貨を購入し、保有していること

買いポジション:外貨を買って保有していること
ロングポジション、買い建玉(たてぎょく)ともいう

売りポジション:外貨を売って保有していること
ショートポジション、売り建玉(たてぎょく)ともいう

取引必要証拠金

取引必要証拠金=取引するのに最低限必要な金額(担保金)のこと

必要証拠金:取引するのに必要な1通貨あたりの証拠金

【計算方法】基準価格×1/25 (レバレッジ25倍の場合)

取引必要証拠金=ポジション保有時に必要となる証拠金

【計算方法】必要証拠金×ポジション保有数量

※ちなみに
預託金残高=資産評価額-損益評価額+出金依頼額
評価損益額=保有しているポジションの利益または損失
損益評価額=評価損益額+スワップポイント
証拠金維持率=資産評価額÷取引必要証拠金×100
資産評価額=預託金残高+損益評価額-出金依頼額

レバレッジ

レバレッジ=自分の資金を担保として預けることで
資金に対して最大25倍相当の取引が可能になること
※当社のレバレッジの倍率は25倍のみ(FX取引口座の場合)

レバレッジについて

レバレッジ取引は、少ない資金(証拠金)で何倍もの(最大25倍)外貨取引が可能になります

※ただし、相場の変動等によってリスクも大きくなりますので証拠金に余裕をもってお取引いただくことが重要です。

ロスカット

ロスカット=お客様の損失が一定水準に達した時、
ポジションが強制決済されるルール

ロスカットは証拠金以上の損失を防ぐことが目的ですが、マーケットの急変時など大きくレートが動いた場合には証拠金を超える損失が発生する場合があります。

スリッページ

スリッページ=レートが常に動いているために起きる
注文時と確定時の価格差

スリッページ

スリッページ設定について、詳しくは こちらをご覧ください

反対売買・差金決済

反対売買=買った外貨を売ること、
または売った外貨を買うこと

①買いポジションの場合:買った外貨を売って円にすること

②売りポジションの場合:売った外貨を買い戻して円にすること

差金決済=直接の現金の受け渡しを行わずに
反対売買によって出た金額の差を決済すること

クイック入金

クイック入金=インターネットバンキング口座を使用して入金すること

3つの利点
①24時間いつでも入金可能 (※メンテナンス時間を除く)
②入金額が取引画面に即時反映される
③入金手数料が無料(※1,000円以上の場合)
クイック入金が可能な金融機関一覧はこちらよりご確認ください。