口座開設

ログイン

  • FXを学ぼう
  • 取引ソフトダウンロード
  • キャンペーン情報
  • メディア掲載紹介
  • 経営方針
  • 自己資本規制比率
  • マイナンバー
  • システム稼働状況
  • サービス向上委員会
  • 採用情報
  • ソーシャルメディア

米ドル/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/米ドル

BID

スプレッド

ASK

南アフリカランド/円

BID

スプレッド

ASK

上記スプレッドは1万通貨注文までの原則固定スプレッドです。スプレッドは注文数量により変化しますので、サービス概要下段の基準スプレッド一覧表で確認ください。


PR情報

SBIレミット
SBIソーシャルレンディング

リスク説明

外国為替証拠金取引のリスク等重要事項について

手数料など諸費用について

・当社で行う外国為替証拠金取引の取引手数料及び口座管理費は無料です。

外国為替証拠金取引のリスクについて

価格変動リスク
  • 通貨の価格の変動により、損失が生じることがあります。さらに、お客様の差し入れた証拠金の額に比して取引金額が大きいため、その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。
  • お預りしている証拠金の額を超える損失が発生しないようロスカット・ルールを設けていますが、相場の急激な変動により証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。また、当社のロスカット方式につきましては、お客様が「口座全体」「通貨ペア別計算」の2種類から選択(初期設定は「口座全体」)することができます。「通貨ペア別計算」を選択された場合、ロスカット水準に該当する通貨ペアのロスカット損失額によっては、他の通貨ペアが証拠金規制に抵触する場合があり、不足額を解消していただく必要がありますのでご注意ください。
信用リスク
  • 外国為替証拠金取引は当社とお客様の相対取引であり、また、当社はお客様との取引から生じるリスクの減少を目的として下記のカバー取引相手方とカバー取引を行っています。したがって、お客様は当社及びカバー取引相手方の業務又は財産の状況が悪化した場合には損失を被るおそれがあります。
その他のリスク
  • 本取引における為替レートは、カバー取引先の提示する為替レートに基づいて、一定の額を加減した為替レートをお客様に提示しています。為替レートの売値と買値には価格差(スプレッド)があり、マーケットの状況によりスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
  • 取引システム又は金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
  • マーケットの状況によっては、お客様が保有する建玉を決済することや新たに建玉を保有することが困難となる場合があります。為替市場には値幅制限がなく、特別な通貨管理が行なわれていない日本円を含む主要通貨の場合、高い流動性を示しています。しかしながら、主要国の祝日や市場のクローズ間際、週初など市場の状況によっては、為替レートの提示が困難になることがあります。また、ゴールデンウィークやクリスマス、年末年始などの休日における取引、あるいは普段から流動性の低い通貨での取引は、当社の通常の営業時間帯であっても価格の提示や注文の成立が困難となる場合があります。
  • 天災地変、戦争、テロ、政変、同盟罷業、外貨事情の急変、外国為替市場の閉鎖など、特殊な状況下で特定の通貨の取引が困難又は不可能となる場合もあります。
  • 外国為替証拠金取引では、売建てしている通貨と買建てしている通貨に対し、スワップポイントの受け払いが発生します。スワップポイントは取引対象通貨の市場金利に応じて日々変動するため、スワップポイントもその影響を受け変動します。また、市場金利の動向次第では、スワップポイントが受取りから支払いに転じる可能性もあり、損失が生じるおそれがあります。
カバー取引先及び預託証拠金の管理方法について
  • 当社のカバー取引相手方は、SBI リクイディティ・マーケット株式会社です。また、SBI リクイディティ・マーケット株式会社は当社からのカバー取引に対し、欧米や国内の主要金融機関(銀行や証券など)をカウンターパーティとしてカバー取引をしております。
  • お客様から預託を受けた証拠金は、金融商品取引法の規定に基づき、株式会社三井住友銀行へ金銭信託を行う方法により、当社の自己資金とは区分して管理しております。証拠金の区分管理必要額については、お客様から預託を受けた証拠金に、実現損益及び取引終了時点における建玉と当社が各通貨ペアに定める基準レートによって算出した損益評価額を加算した金額とし、毎営業日を計算基準日として確定した上で、追加差入れが必要な場合には、計算基準日の翌日から起算して2 営業日以内に株式会社三井住友銀行に追加信託することにより、区分管理必要額以上の残高を維持いたします。
外国為替証拠金取引は、クーリング・オフの対象とはなりません
  • 外国為替証拠金取引においては金融商品取引法第37 条の6 の規定の適用はありません。