口座開設

ログイン

  • FXを学ぼう
  • 取引ソフトダウンロード
  • キャンペーン情報
  • メディア掲載紹介
  • 経営方針
  • 自己資本規制比率
  • マイナンバー
  • システム稼働状況
  • サービス向上委員会
  • 採用情報
  • ソーシャルメディア

米ドル/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/米ドル

BID

スプレッド

ASK

南アフリカランド/円

BID

スプレッド

ASK

上記スプレッドは1万通貨注文までの原則固定スプレッドです。スプレッドは注文数量により変化しますので、サービス概要下段の基準スプレッド一覧表で確認ください。


PR情報

SBIレミット
SBIソーシャルレンディング

SBI FXTRADEの強み

業界最狭水準のスプレッド 米ドル/円 0.27銭

SBIFXトレードでは業界最狭水準のスプレッドをご提供!
ロスカットに関してもお客様を第一に考え、当社最狭スプレッドを適用!
当社では注文数量に応じたスプレッドを適用しています。
@基準スプレッド 1通貨から100万通貨までの注文については原則固定
ASUPER DEALERS' ZONE 100万1通貨から1,000万通貨までの注文については変動制

さらにお客様の大切なご資金を最大限守るため、ロスカット時は取引数量に関わらず、
全通貨ペアで下記基準スプレッドの最狭スプレッドを適用いたします。(※法人口座は除きます)

NOストップ狩り宣言!
巷間で言われるストップ狩りは一切行いませんので安心してお取引ください!

スプレッド縮小のおしらせ

基準スプレッド縮小のお知らせ

基準スプレッド

USD/JPYスプレッド EUR/USDスプレッド
ZAR/JPYスプレッド GBP/JPYスプレッド
全通貨ペアスプレッド一覧
※上記スプレッドは原則固定であり、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。
※法人口座におけるロスカット時のスプレッドは、基準スプレッド内の最狭スプレッド適用対象外です。
※「スプレッド」や「スリッページ」に対する当社の取り組みはこちらをご覧ください。
※広告掲載日:2017年11月20日

価格配信におけるスプレッド提示率

当社はプライス・ポリシーに基づいて、可能な限り通常スプレッドを維持し、安定したプライス提供を
しており、定期的にお客様に配信されたスプレッドを開示しております。

これはスプレッドに関するルールとして、金融商品取引法の「広告等の規制」が該当し、
「著しく事実に相違する表示、又は著しく人を誤認させる表示」が禁止されています。
この法令に基づいた、スプレッド広告表示に関する自主規制ルールによると、
原則固定スプレッドの広告表示が妥当であるとする基準は、
「提示したスプレッドの95%以上が広告表示の最大値以下であること」とされています。

当社では積極的にスプレッド提示率をお客さまに開示することを行っており、
価格表示回数に加え、時間割合におけるスプレッド提示率も開示しております。
お客さまにとってより安全・安心な取引環境を提供いたします。

スプレッド提示率
※価格表示回数の提示率=期間中に提示スプレッドにて提示したティック数÷期間中に提示した総ティック数
 (提示スプレッド以外も含む)
※時間割合の提示率=期間中に提示スプレッドを提示した時間÷期間中の総取引時間
※スプレッドの取扱いは、お客さまにサービスを提供するうえでの根幹であると認識していることから、
 スプレッドの適切性を確認しております。詳細につきましてはこちらをご覧ください。


「SUPER DEALERS' ZONE」とは

インターバンクでは、ワンショット100万ドル単位からの取引が通常で、親会社でありカバー先でもある
SBIリクイディティ・マーケットのディーラーも日々、取引しております。
当社ではプロと同水準の注文数量でお取引されるお客様に向けて、100万通貨を超える取引を
ご提供するのが「SUPER DEALERS' ZONE」です。


なお、インターバンクではマーケットの流動性の低下時等において取引できない場合もありますが、
当社では個人向けOTC取引のメリットをそのままに、スプレッドを変動制にすることで100万通貨を超える
注文数量でも取引可能なプライスを配信致しますのでお客様は安心してお取引いただけます。

どうぞお客様もプロ仕様のディーラーマンプライスをお楽しみください。