口座開設

ログイン

  • FXを学ぼう
  • 取引ソフトダウンロード
  • キャンペーン情報
  • メディア掲載紹介
  • 経営方針
  • 自己資本規制比率
  • マイナンバー
  • システム稼働状況
  • サービス向上委員会
  • 採用情報
  • ソーシャルメディア

米ドル/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/米ドル

BID

スプレッド

ASK

南アフリカランド/円

BID

スプレッド

ASK

上記スプレッドは1万通貨注文までの原則固定スプレッドです。スプレッドは注文数量により変化しますので、サービス概要下段の基準スプレッド一覧表で確認ください。


PR情報

SBIレミット
SBIソーシャルレンディング

はじめてのFX

取引の始め方

新規注文

FX取引は、買から始めることも、売から始めることも出来ます。
そのため「買う」「売る」だけでは、
取引を「始める」のか、「終わる」のかが分かりません。
「取引を始めること=新規注文」となります。
つまり、取引を始めるには「新規の買」または「新規の売」を注文して
ポジションを建てます(=建玉)

決済注文

新規の取引をしたら、次にそのポジション(=建玉)を決済し、取引を終えます。
「取引を終えること=決済注文」となります。
また、決済注文は、新規注文の反対売買となります。
つまり、「新規の買い注文」をしたら「決済の売り注文」をする。
「新規の売り注文」をしたら「決済の買い注文」をするということです。

基本の注文方法

●新規買注文
現在の価格が将来、高くなると予想した場合には新規買い注文から行います。
★現在価格が@の時、将来はCまで上がると予想して新規買注文をする場合
買注文の種類
ケース1
価格を指定せず現在価格である@の価格で新規注文をする場合
→買の成行注文
ケース2
今より安いAの価格になった時に価格を指定して新規注文をする場合
→買の指値注文
ケース3
Bの価格まで上昇したらその勢いでCまで上がりそうなので
Bの価格を指定して新規注文をする場合
→買の逆指値注文

●新規売注文
現在の価格が将来、安くなると予想した場合には新規売り注文から行います。
★現在価格がAの時、将来はDまで下がると予想して新規売注文をする場合
売注文の種類
ケース1
価格を指定せず、現在価格であるAの価格で新規注文をする場合
→売の成行注文
ケース2
今より高いBの価格になった時に価格を指定して新規注文をする場合
→売の指値注文
ケース3
Cの価格まで下落したらその勢いでDまで下がりそうなので
Cの価格を指定して新規注文をする場合
→売の逆指値注文

成行注文

成行注文とは現在の価格で「通貨ペア」「新規・決済」「買・売」「数量」を指定する注文方法です。

お客様の注文が取引サーバに到達した時点のレートで約定します。
そのため、注文した値段と約定した値段の差(スリッページ)が生じることがあります。

※WEB版取引画面での新規成行注文画面
成行注文

指値注文

指値注文とは「通貨ペア」「新規・決済」「買・売」「価格」「数量」「有効期限」を指定する
注文方法です。

買注文の場合は現在レートより下がったときの価格を指定し、
売注文の場合は現在レートより上がったときの価格を指定します。
原則としてレートが指定した価格の条件を満たした時点で注文を約定します。

※WEB版取引画面での新規指値注文画面
指値注文

逆指値注文

逆指値注文とは「通貨ペア」「新規・決済」「買・売」「価格」「数量」「有効期限」を指定する
注文方法です。

買注文の場合は現在レートより上がったときの価格を指定し、
売注文の場合は現在レートより下がったときの価格を指定します。

指定した価格の条件を満たした時点で成行注文として発注され、
取引サーバに到達した時点のレートで約定します。
そのため、注文した値段と約定した値段の差(スリッページ)が生じることがあります。

また、損切としても逆指値注文を活用することができます。
その場合、買ポジションを「決済売注文」で現在レートより下がったときの価格を指定し、
売ポジションを「決済買注文」で現在レートより下がったときの価格を指定します。

※WEB版取引画面での新規逆指値注文画面
逆指値注文

OCO注文

OCO注文とは、「通貨ペア」「買・売」「価格」「数量」「有効期限」を指定した2つの注文を出して、
どちらか一方が約定した場合、もう一つの注文をキャンセルする注文方法です。
現在レートより、上がったときの価格と下がったときの価格を指定します。

「今からレートがどちらに動くかわからないが、上昇したら売りたい(売の指値注文)。
 でも下落したら買いたい(買の指値注文)」
または、
「下落したら売りたい(売の逆指値注文)。
 でも上昇したら買いたい。(買の逆指値注文)」という場合などに活用できます。

※WEB版取引画面でのOCO注文画面
OCO注文

IFD注文

IFD注文とは新規注文と決済注文を同時に注文する方法です。
「今より安い価格で買ポジションを新規注文して、
レートが上昇したら決済して利益を確定させたい」という場合や、
「今より安い価格で買ポジションを新規注文して、
 下落してしまった時に備えて、あらかじめ決めた水準で損失確定もしたい」
という場合などに活用できます。

※WEB版取引画面でのIFD注文画面
IFD注文

IFDOCO注文

IFDOCO注文とは1つの新規注文に対し、2つの決済価格を注文することです。
「今より安い価格で買ポジションを新規注文して、
 レートが上昇したら決済して利益を確定させたい。
 でも下落してしまった時に備えてあらかじめ決めた水準で損失確定もしたい」
という場合に活用できます。

※WEB版取引画面でのIFDOCO注文画面
IFDOCO注文


FXとは
  FXの基本  FX取引の流れ  損益評価額の計算
FXでよく見る単語一覧
  スプレッド  スワップポイント  ロールオーバー  ポジション  取引必要証拠金
  レバレッジ  ロスカット  スリッページ  反対売買・差金決済  クイック入金
SBI FXトレードの取引ルール
  取引通貨  取引単位  取引時間  レバレッジ  必要証拠金  ロスカット
  証拠金規制  手数料  信託保全  スリッページ設定
取引の始め方
  新規注文  決済注文  基本の注文方法  成行注文  指値注文  逆指値注文
  OCO注文  IFD注文  IFDOCO注文
各国通貨紹介
  米ドル  ユーロ  ポンド  豪ドル  トルコリラ  香港ドル  韓国ウォン
テクニカル指標
  ローソク足  トレンド  移動平均線  RSI(アールエスアイ)  MACD(マックディー)
  一目均衡表  目標値計算  パターン分析