口座開設 | SBI FXトレード 

口座開設

「スマホで撮影」で口座開設までの期間を短縮!

本人確認書類の提出で「スマホで撮影」を選択し、スマートフォンでお客さまの顔と本人確認書類を撮影することで口座開設完了までの期間が短縮できる、オンライン本人確認(eKYC)に対応しています。

「スマホで撮影」についてはこちら

18・19歳のお客さま、外国籍のお客さま、法人のお客さまは下記をご覧ください。

18・19歳の
お客さま
外国籍の
お客さま
法人の
お客さま

個人口座のお申込みはこちら

  • マイナンバーカードの保護ケースは必ず外してご提出ください。
  • 通知カードは氏名変更や住所変更によって登録情報と相違のある場合、受付できません。
  • ご提出いただく書類とご入力いただく登録情報は「氏名」「生年月日」「現住所」が一致している必要があります。

キャンペーン実施中

  • 500円入金
  • 新規口座開設プログラム

口座開設までの流れ(個人口座)

STEP1 メールアドレスの登録

下記ボタンよりメールアドレスをご入力ください。入力したメールアドレス宛に口座開設申込URLをお送りいたします。

※法人口座のお申し込みはこちらをご覧ください。

STEP2 必要事項の記入と本人確認

契約締結前交付書面等をご確認、ご承諾いただき、必要項目をご入力ください。ご入力いただく内容は、本人確認書類と同様の「氏名」「生年月日」「現住所」を記入ください。

マイナンバー通知書類と本人確認書類の提出方法を「スマホで撮影(オンライン本人確認)」、「WEBアップロード」、「メール・郵送」、いずれかをお選びください。

18・19歳のお客さま、外国籍のお客さまは提出書類が異なりますので下記をご覧ください

STEP3 審査

当社にて審査を行います。

STEP4 口座開設完了

口座開設完了後、取引に必要なログインID、パスワード設定URL・QRコード及び当社指定のお振込先銀行口座を記載した「口座開設手続き完了のご案内」をお送りいたします。口座開設時の本人確認方法によって、送付方法が異なります。

「スマホで撮影」にて書類を提出し、口座開設が完了した場合、ご登録のメールアドレスに「口座開設完了メール」と「口座開設手続き完了のご案内」を閲覧できるURLをお送りいたします。閲覧期間は約10日となりますので、お客さまご自身で保存や印刷を行い、書類の管理をお願いいたします。

「WEBアップロード」「メール・郵送」にて書類を提出し、口座開設が完了した場合、「口座開設完了メール」をご登録のメールアドレスにお送りします。後日、ご本人さま確認のため、簡易書留郵便(転送不要)にて、「口座開設手続完了のご案内」をお送りいたします。

配達時の不在により、書類を受け取れなかった場合はご自宅の郵便受けをご確認の上、不在通知票をもとにお近くの郵便局へお問い合わせください。

また、書類不備によって、「WEBアップロード」もしくは「メール・郵送」を利用した場合も、転送不要の簡易書留郵便にて送付となります。

STEP5 お取引開始

当社指定の銀行口座にご入金、またはクイック入金にてお取引口座にご入金いただきますと、お取引が可能となります。

※クイック入金は、1,000円以上からご利用いただけます。

口座開設の際に必要な書類について

ご提出いただく書類には、「氏名」「生年月日」「現住所」が記載されていることをご確認ください。「氏名」「生年月日」「現住所」が記載されていない場合、書類の再提出となります。

注意事項

  • パスポート・学生証・各種公共料金の明細書は本人確認書類としてご利用出来ません。
  • 健康保険証の場合、現住所を記載の上、両面をお送りください。
  • 本人確認書類等に表示されている機微情報(本籍地、臓器提供意思確認欄・病歴等)や、健康保険証の保険者番号及び被保険者等記号・番号(QRコード含む)は不要です。お客さま自身で塗りつぶしてくださいますようお願い申し上げます。
  • 書類審査時に機微情報や被保険者等記号・番号等が含まれていた場合は、当社にて該当箇所を判読できないように処理いたします。

スマホで撮影(オンライン本人確認)

本人確認書類の提出・マイナンバー通知方法は3通りございます。

氏名・住所変更等によって相違がある通知カードはマイナンバーを証明する書類として使用できないため、「スマホで撮影」は受付できません。マイナンバーカードを発行していただくか、「WEBアップロード」もしくは「メール・郵送」から【個人番号付き住民票】の提出をお願いいたします。

①マイナンバーカード

①マイナンバーカード

② 通知カード + 運転免許証

② 通知カード+身分証明書 1点

③ 通知カード + 住民基本台帳カード

② 通知カード+身分証明書 1点

注意点

  • 氏名・生年月日・現住所が記載されていることをご確認ください。
  • 有効期限内であることをご確認ください。
  • マスキングや保護ケースはしないようお願いいたします。

WEBアップロード/メール・郵送

マイナンバー通知書類1点と本人確認書類2点をご提出ください。本人確認書類の提出・マイナンバー通知方法は3通りございます。本人確認書類の写真の有無は問いません。

① 個人番号カード(表面・裏面)+ 本人確認書類1点

「個人番号カード 表面」「個人番号カード 裏面」「本人確認書類 1点」合わせて3点の提出が必要となります。

① 個人番号カード(表面・裏面)+ 本人確認書類1点

個人番号カード送付時の注意点

  • 申込時と同一の氏名・生年月日・現住所であることをご確認ください。
  • 有効期限内であることをご確認ください。
  • マスキング等はしないようお願いいたします。
  • 両面をご送付ください。

主な本人確認書類

② 個人番号付住民票 + 本人確認書類 1点

「個人番号付住民票 1点」「本人確認書類 1点」合わせて2点の提出が必要となります。

② 個人番号付住民票 + 本人確認書類 1点

個人番号付住民票送付時の注意点

  • 申込時と同一の氏名・生年月日・現住所であることをご確認ください。
  • マイナンバーが記載されていることをご確認ください。
  • 発行日から3か月以内であることをご確認ください。
  • 発行元市区町村の公印と発行日が隠れないようにご送付ください。
  • 複数ページある場合は全てのページをご送付ください。
  • 本籍や住民票コードは必要ございません。

主な本人確認書類

③ 通知カード + 本人確認書類2点

「通知カード 1点」「本人確認書類 2点」合わせて3点の提出が必要となります。

氏名・住所変更等によって相違がある通知カードはマイナンバーを証明する書類として使用できません。マイナンバーカードもしくは個人番号付住民票による提出をお願いいたします。

③ 通知カード + 本人確認書類2点

通知カード送付時の注意点

  • 申込時と同一の氏名・生年月日・現住所であることをご確認ください。
  • 裏面に記載がある場合は両面をご送付ください。

主な本人確認書類

メール送付先

申込時に画像をアップロードしなかった場合、メールにてご送付いただけます。その際、必ず件名に「本人確認書類」とご入力の上、ご送付ください。

メールでの送信方法について

郵送先

マイナンバー通知書類と本人確認書類をコピーして下記住所へご郵送ください。(郵便料金お客さま負担)

郵送での送付について

満18歳以上20歳未満のお客さまにおける口座開設審査について

2022年4月1日から、民法改正により「成年年齢」が18歳に引き下げになります。

それに伴い、お誕生日を迎えた満18歳以上のお客さまは、2022年4月1日より「SBI FXTADE」「積立FX」に加え、「オプションFX」「暗号資産CFD」の口座開設が可能となります。

満18歳以上20歳未満のお客さまの口座開設にあたり、健康保険証(現住所)が必須となります。

必要書類をご用意の上、「WEBアップロード」または「メール・郵送」にて当社宛にお送りください。

なお、「スマホで撮影(オンライン本人確認)」では受付できませんので、ご注意ください。

また、口座開設審査にあたりお電話での確認がございますのでご留意ください。

満18歳以上20歳未満における必要書類

① 健康保険証(表面・裏面) + 個人番号カード(表面・裏面)

満18歳以上20歳未満における必要書類について

② 健康保険証(表面・裏面) + 個人番号付き住民票

満18歳以上20歳未満における必要書類について

③ 健康保険証(表面・裏面) + 通知カード + 本人確認書類

満18歳以上20歳未満における必要書類について

主な本人確認書類

※パスポート・学生証・各種公共料金の明細書は本人確認書類としてご利用出来ません。

※健康保険証は、現住所を記載の上、両面をお送りください。

※本人確認書類等に表示されている機微情報(本籍地、臓器提供意思確認欄・病歴等)や、健康保険証の保険者番号及び被保険者等記号・番号(QRコード含む)は不要です。お客さま自身で塗りつぶしてくださいますようお願い申し上げます。書類審査時に機微情報や被保険者等記号・番号等が含まれていた場合は、当社にて該当箇所を判読できないように処理いたします。

本人確認書類送付時の注意点もご覧ください

外国籍の方の本人確認書類について

外国籍のお客さまの口座開設にあたり、在留期間が3か月以上である必要がございます。そのため、本人確認書類にて在留期間及び国籍の確認ができる書類をご提示ください。

なお、「スマホで撮影(オンライン本人確認)」では受付できませんので、ご注意ください。

本人確認書類およびマイナンバー通知書類については、ご利用予定の金融機関と同一の氏名表記である必要がございます。

また、口座開設審査にあたりお電話での確認がございますのでご留意ください。

外国籍の方の本人確認書類について

主なマイナンバー確認書類

主な本人確認書類

主な在留期間及び国籍が確認できる書類

※パスポート・学生証・各種公共料金の明細書は本人確認書類としてご利用出来ません。

※健康保険証の場合、現住所を記載の上、両面をお送りください。

※本人確認書類等に表示されている機微情報(本籍地、臓器提供意思確認欄・病歴等)や、健康保険証の保険者番号及び被保険者等記号・番号(QRコード含む)は不要です。お客さま自身で塗りつぶしてくださいますようお願い申し上げます。書類審査時に機微情報や被保険者等記号・番号等が含まれていた場合は、当社にて該当箇所を判読できないように処理いたします。

本人確認書類送付時の注意点もご覧ください

口座開設時に必要となる確認事項について

「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)」施行に伴う確認

米国人による海外金融機関を利用した租税回避行為を防止する目的で、米国内で施行された法令の中に、米国外の金融機関に対して顧客口座の報告義務が課されており、当社では口座開設時に該当の有無を確認させて頂いております。

※国籍は、二重国籍の場合も含みます。

※米国居住は、1年の内183日以上居住されている場合が該当します。

「外国の重要な公的地位を有する方(外国PEPs)」に関する確認

2016年10月施行の犯罪収益移転防止法改正に伴い、当社では口座開設時に該当の有無を確認させて頂いております。
外国PEPsに該当する方は、次のとおりです。

  • 1.外国の元首及び外国の政府等において重要な地位を占める方(以下参照)
    我が国における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
    我が国における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長又は参議院副議長に相当する職
    我が国における最高裁判所の裁判官に相当する職
    我が国における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
    我が国における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長
    又は航空幕僚副長に相当する職
    中央銀行の役員
    予算について国会の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員
  • 2.過去に上記1であった方
  • 3.上記1又は2で掲げる方の家族(下図参照)

※外国の重要な公的地位の方の祖父母や孫は該当しません

「運用資金」に関する確認

ご利用頂く運用資金は自己資金のみとなり、ご家族を含め第三者の資金を用いることはできません。