口座開設

ログイン

  • FXを学ぼう
  • 取引ソフトダウンロード
  • キャンペーン情報
  • メディア掲載紹介
  • 経営方針
  • 自己資本規制比率
  • マイナンバー
  • システム稼働状況
  • サービス向上委員会
  • 採用情報
  • ソーシャルメディア

米ドル/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/米ドル

BID

スプレッド

ASK

南アフリカランド/円

BID

スプレッド

ASK

上記スプレッドは1万通貨注文までの原則固定スプレッドです。スプレッドは注文数量により変化しますので、サービス概要下段の基準スプレッド一覧表で確認ください。


PR情報

SBIレミット
SBIソーシャルレンディング

SBI FXTRADEの強み


■業界最良水準のスワップポイント
■スワップポイントについて
■業界最狭水準のスワップスプレッド
■スワップポイントの確認方法

業界最良水準のスワップポイント

SBI FXトレードはスプレッドだけでなく、スワップポイントにおいても業界最良水準でご提供!

■スワップポイント比較表
スワップポイント比較表
※2017年1月10日自社調べ

【ご注意】
※上記比較表は2017年1月10日時点の各社スワップポイント1日あたりの数値となります。
※ランド/円は10万通貨、ランド/円以外の通貨は1万通貨あたりの数値となります。
※上記比較表は、AUD/JPY・NZD/JPY・ZAR/JPY・TRY/JPYは買いポジションを保有した場合、EUR/AUD・EUR/NZDは売りポジションを保有した場合に発生するスワップポイントの比較となります。
※スワップポイントは市場・金利情勢等の変化により変動し、将来にわたり保障されるものではありませんのでご注意ください。

スワップポイントについて

■スワップポイントの発生について
為替取引の場合、通常、取引日の2営業日後に決済が行われますが、外国為替証拠金取引においては、反対売買がされるまでロールオーバーにより決済日を1営業日ずつ繰り延べます。
ロールオーバーは、実質的には売り付けた通貨を借り入れ、買い付けた通貨を預け入れることになるので、その借入金利と預入金利との間の金利差に相当するスワップポイントを当社との間で授受します。
(スワップポイントは市場環境や各国の情勢などの変化により変動します。)
※ロールオーバー・・・ポジションを持ち越すために、決済日を翌営業日に繰り延べること。

毎営業日の取引終了時間(夏時間:5:30、冬時間:6:30)を超えて未決済のポジションを持っていると、ロールオーバーされ、スワップポイントが発生します。
発生したスワップポイントは、ロールオーバー後、即座に資産評価額に反映されます。


■スワップポイントの付与について
新規取引日の2営業目から、決済取引日の2営業日後までの日数分が発生します。

 火曜日から水曜日にポジションを持ち越すと、スワップポイントは1日分発生します。
 水曜日から木曜日にポジションを持ち越すと、土日を挟みスワップポイントは3日分発生します。

スワップポイントカレンダー

■付与日数例
・通常時


・月曜日が祝日(日本)の場合


・月曜日が祝日(海外)の場合

※米国が祝日の場合、USD/JPYの例
・月曜日以降が祝日連休(日本)の場合


なお、当社の場合は、通貨ペア毎に各国の祝日があれば営業日外となりスワップ日数が変動します。
また、市場環境や各国の情勢などの変化により、スワップポイントは変動します。

■2016年9月実績におけるスワップポイントの年率換算額
(例)米ドル/円の買いポジションを1万通貨、南アフリカランド/円の買いポジションを10万通貨
   それぞれ1年間継続して保有した場合

※2016年9月 スワップポイントの日々受取実績を基に計算

・米ドル/円の場合
 1万米ドル(必要証拠金:40,800円)を1年間継続した場合、
                  受取りとなるスワップポイント年間合計金額は7,932円
 総代金1,019,410円(1万米ドル)に対して0.8%の受取り(年率換算割合)
 必要証拠金40,800円(1万米ドル レバレッジ25倍)に対して19.4%の受取り(年率換算割合)

・南アフリカランド/円の場合
 10万ランド(必要証拠金:29,000円)を1年間継続した場合、
                  受取りとなるスワップポイント年間合計金額は43,680円
 総代金724,550円(10万ランド)に対して6.0%の受取り(年率換算割合)
 必要証拠金29,000円(10万ランド レバレッジ25倍)に対して150.6%の受取り(年率換算割合)


※米ドル/円、南アフリカランド/円の売りポジションを保有した場合は、スワップポイントは支払いとなりますのでご注意ください。
※1万米ドルあたり必要証拠金=米ドル/円レート×1万通貨単位×4%(参考:2016年9月の必要証拠金平均値)
※10万ランドあたり必要証拠金=ランド/円レート×10万通貨単位×4%(参考:2016年9月の必要証拠金平均値)
※上記計算例は2016年9月実績を基に、1年間継続した場合の例となり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありませんのでご注意ください。

業界最狭水準のスワップスプレッド

■スワップスプレッドとは、、、
当社はスワップポイントにおいて、業界最良水準のスワップもさることながら業界最狭水準の
スワップスプレッドにてご提供しております。


■スワップスプレッド一覧表
※2016年11月8日現在
※2016年11月14日から提供の新通貨ペアに関しては予定の数値となります。


スワップポイントの確認方法

「SW履歴」で日々のスワップポイント履歴や受取日数等が事前に確認できます!
※保有されるポジションに応じてスワップポイントの受取り・支払いが発生いたします。
※ゴールデンウィーク等、各国祝祭日等の関係でスワップ日数が変則となりますのでご留意ください。

■リッチクライアント版
  「照会」→「SW履歴」


■WEB版
  「投資情報」→「SW履歴」


■ホームページ版
  「マーケット情報」→「トレード前にまずはこちらを確認!【日々更新】」→「SW履歴」



■SW履歴画面


口座を開設する