スリッページ実績 | SBI FXトレード 

スリッページ実績

スリッページの取扱いに関する日次チェックと実績開示について

スリッページは、お客さまの発注時の価格と約定価格の差を指しますが、注文の伝達に係る時間の経過等に伴い必然的に発生いたします。

従前より、悪意を持った取引業者がスリッページを悪用することによる、お客さまが不利・取引業者が有利となる利益相反の構図は問題となっており、米国では取引業者に対して1,600万ドル規模の集団訴訟が起き、罰金と返金が課される事例もありました。

この状況を鑑み、2013年8月、金融庁はお客さまにのみ不利となる非対称なスリッページの発生を規制しましたが、その取扱い方式については各社任せとなっています。また、約定処理の方式やスリッページの発生状況に関する開示義務もまだありません。

当社の取引システムは、注文が当社のサーバーに到着したときの実勢レートで約定いたします。そのうえ、お客さまのスリッページ指定幅を超過しての約定は発生しない他、お客さまが有利となるスリッページは上限なく有利に約定致します。

当社では、日次で全ての注文約定のスリッページの適切性についてチェックをしており、その結果は月次で開示しております。加え、内部監査部門により定期的な確認が行われています。

スリッページ実績値(2018年10月)

「2WAY注文」における約定時のスリッページ幅の割合を表示!

※単位:PIPS

※正の値は有利スリッページ、負の値は不利スリッページとなった割合を表示しております。

※お客さまは、本サービスで表示されている情報をお客さま自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。

※情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。

※本サービスは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客さまご自身でお願いします。