はじめてのテクニカル分析|はじめてのFX|SBI FXトレード 

はじめてのFX

はじめてのテクニカル分析

ローソク足

ローソク足の歴史は古く、日本の江戸時代の米相場が発祥と言われています。最初は「点」で表したもので、そこから形状が変化して現在の形となり、多くのトレーダーに使われるようになりました。

この動画で使われた、FXでよく見る単語

■4本値(始値、終値、高値、安値)
ローソク足が示す最初の取引価格を「始値」、最終取引価格を「終値」、その期間の最も高い価格を「高値」、その期間の最も安い価格を「安値」と呼び、4つの価格を総称して4本値と呼びます。

■陽線/陰線
終値が始値よりも高い場合のローソク足を「陽線」、終値が始値よりも安い場合のローソク足を「陰線」と呼びます。

■実体/ヒゲ
ローソク足の始値と終値を示す太い部分を「実体」と呼び、実体から上下に伸びる高値と安値を示す線を「ヒゲ」と呼びます。高値を示すヒゲを「上ヒゲ」、安値を示すヒゲを「下ヒゲ」と呼びます。



トレンドライン

相場の方向性を把握するために記すラインを『トレンドライン』と呼びます。上昇トレンドの場合は安値と安値を結び、下降トレンドの場合は高値と高値を結んだラインとなります。

トレンドライン近辺が相場のサポートやレジスタンスとなることが多く、トレンドラインの上抜けや下抜けとなる場合には、そのトレンドの転換点となることも多いです。

この動画で使われた、FXでよく見る単語

■サポート(サポートライン 下値支持線)
相場が下げ止まったポイントをサポートといい、サポートとなったポイントを結んだラインをサポートラインと呼びます。サポートは、相場の方向性が継続するのか、転換するのかを見極める要素となります。サポートラインを下抜ける場合、相場の方向性が転換する場合が多いです。

■レジスタンス(レジスタンスライン 上値抵抗線)
相場の上昇が止まったポイントをレジスタンスといい、レジスタンスとなったポイントを結んだラインをレジスタンスライン呼びます。レジスタンスは、相場の方向性が継続するのか、転換するのかを見極める要素となります。レジスタンスラインを上抜ける場合、相場の方向性が転換する場合が多いです。



移動平均線

移動平均線は、あらゆるテクニカル指標のなかで最もポピュラーで幅広く用いられており、今日使われているほとんどのトレンドフォロ-型トレ-ド・システムの基礎を成しています。基本的にはトレンド追随型分析手法であり、トレンドの開始やトレンドの終了・反転を確認したり、シグナルを見つけたりする手法です。

この動画で使われた、FXでよく見る単語

■ゴールデンクロス・デッドクロス
短期移動平均線と中期移動平均線の2本を使用してこの2本の線のクロス(交差)を売買のサインとする見方があります。
短期移動平均線が中期移動平均線を下側から上抜ける(クロスする)ことをゴールデン・クロスといい、買いサインとなります。一方、短期移動平均線が中期移動平均線を上側から下抜ける(クロスする)ことをデッド・クロスといい、売りサインとなります。

■グランビルの法則
米国のチャート分析家のJ.E.グランビルが、価格と移動平均線の位置関係をもとに具体的な売買のシグナルを導き出したものです。売り・買いそれぞれ4つのシグナルであることから、グランビルの8法則とも呼ばれています。