指値注文・逆指値注文の活用方法 | SBI FXトレード 

指値注文・逆指値注文の活用方法

指値注文・逆指値注文=事前に価格を指定する注文

FXでは、今現在の価格で新規・決済注文をするだけでなく、あらかじめお客様が指定した価格で新規・決済注文が実行されるよう、事前に設定をおこなうことができます。

チャートを見ることができない時間帯であっても、事前に設定しておくことで、希望のレートに到達した時に自動的に新規・決済注文がおこなわれます。

指定方法は大きく分けて「指値注文」と「逆指値注文」の2つがあります。買い注文の場合と売り注文の場合での具体例を紹介します。

新規買い注文の場合の指値・逆指値

指値注文・逆指値注文

現在の為替レートよりも下がった状態で買いたい場合には、指値注文を行います。今よりも有利な状況で買いポジションを持ちたいという時に使います。

現在の為替レートよりも上がった状態で買いたい場合には、逆指値注文を行います。上昇の流れに乗ってさらに伸びると見込まれる時などに使います。

今より下がった状況での新規買い=指値注文

今より上がった状況での新規買い=逆指値注文

新規売り注文の場合の指値・逆指値

指値注文・逆指値注文

現在の為替レートよりも上がった状態で売りたい場合には、指値注文を行います。今よりも有利な状況で売りポジションを持ちたいという時に使います。

現在の為替レートよりも下がった状態で売りたい場合には、逆指値注文を行います。下降の流れに乗ってさらに下がると見込まれる時などに使います。

今より上がった状況での新規売り=指値注文

今より下がった状況での新規売り=逆指値注文

ポジションを持っている場合の損切り・利益確定にも活用できる

また、ポジションを既に持っている場合でも、決済指値注文・決済逆指値注文として設定することが可能です。これを活用することで、指定した為替レートでの損切り・利益確定の注文が可能です。

FXの指値注文・逆指値注文を使うことで、幅広い取引が可能になります。事前に注文設定をすることで、リスクコントロールが可能です。

買いポジションを持っている場合

指値注文・逆指値注文

予想通りに上がった場合を想定して、事前に指値注文をしておくことで、自分の狙ったタイミングで利益確定をすることができます。

逆に下がった場合を想定して、事前に逆指値注文をしておくことで、自分の狙ったタイミングで損切りをすることができます。

売りポジションを持っている場合

指値注文・逆指値注文

予想通りに下がった場合を想定して、事前に指値注文をしておくことで、自分の狙ったタイミングで利益確定をすることができます。

逆に上がった場合を想定して、事前に逆指値注文をしておくことで、自分の狙ったタイミングで損切りをすることができます。

指値注文の紹介動画

この章で使われた、FXでよく見る単語

関連ページ

基本の注文方法

SBIFXトレードの取引の始め方について、基本の注文方法を紹介します。新規買いおよび新規売りには、いくつかの注文方法があります。

[詳しくはこちら]

2WAY注文

SBIFXトレードの取引の始め方について、基本となる2WAY注文を紹介します。2WAY注文は、レートを直接クリックして発注する注文方法です。

[詳しくはこちら]

成行注文

SBIFXトレードの取引の始め方について、基本となる成行注文を紹介します。成行注文とは、現在の価格で発注する注文方法です。

[詳しくはこちら]

OCO注文

SBIFXトレードの取引の始め方について、OCO注文を紹介します。OCO注文は、2つの注文を同時に発注する注文方法です。

[詳しくはこちら]

最短20分口座開設はこちら無料