FXの基本 | SBI FXトレード 

FXの基本

FXとは「外国為替証拠金取引」のこと

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。日本円と海外の通貨(アメリカドルやユーロなど)を売買することによって利益を獲得できる金融商品で、少額から始められるのが大きな特徴です。世界各国の通貨の価値は日々動き続けていますので、タイミングよく売買をすることで利益を獲得できます。

FXで利益が出る仕組み

FXで利益が出る仕組み

上記のような為替取引をおこなうと、10円の利益を獲得することができます。ただし、為替レートが逆に下がった場合(1ドル=90円のときに1ドルを売ると)、10円の損失が発生することもあります。

FXは少額で始めることができる

FXの世界には「レバレッジ」という仕組みがあります。簡単にいうと、自分の資金に対してレバレッジ(最大25倍まで)をかけることによって、持っている資金以上の力で取引をすることが可能になります。仮に10,000円の資金を持っている人が10倍のレバレッジをかけた場合、100,000円の資金を持っている人と同等の力で取引をすることができます。

約4円からFX取引が可能

約4円からFX取引が可能

SBI FXトレードでは、1通貨単位での取引が可能となっています。これにより、米ドル/円の場合は約4円(1ドル100円の場合)の取引証拠金で取引することができます。

ここで使われた、FXでよく見る単語

関連ページ

FXの取引の流れ

個人専用のFX口座に入金することで、取引が可能になります。おおまかな取引の流れについて紹介します。

[詳しくはこちら]

「買い」と「売り」

FX取引における新規注文をする時には、「買い」もしくは「売り」のどちらかの注文をすることとなります。

[詳しくはこちら]

FX読み物コラム

FX取引に関する読み物コラムを連載しています。FXをもっと楽しくするためのお役立ち情報を公開中です。

[詳しくはこちら]

最短5分口座開設はこちら無料