FXにおける「買い」と「売り」 | SBI FXトレード 

FXにおける「買い」と「売り」

損益評価額の計算方法

FX取引において、新規買い注文をした場合は、決済は売り注文となります。逆に、新規売り注文をした場合には、決済は買い注文となります。決済するタイミングにより、利益額(損失額)は変わってきます。

ケース1 新規買い注文から始めた場合

1ドル=110円のときに、今後の値動きが上がると予想して、ドル/円の新規買い注文をしました。

FXの新規買い注文から決済売り注文まで

1ドル=120円の時、ドル/円の決済売注文をした場合

110円で新規買を行い、120円で決済売をしました。その差額は+10円です。
その時、
注文数量が1通貨(1ドル)なら   +10円× 1通貨= +10円の利益になります。
注文数量が1万通貨(1万ドル)なら +10円×1万通貨=+10万円の利益になります。

1ドル=100円の時、ドル/円の決済売注文をした場合

110円で新規買を行い、100円で決済売をしました。その差額は-10円です。
その時、
注文数量が1通貨(1ドル)なら   -10円× 1通貨= -10円の損失になります。
注文数量が1万通貨(1万ドル)なら -10円×1万通貨=-10万円の損失になります。

ケース2 新規売り注文から始めた場合

1ドル=110円のときに、今後の値動きが下がると予想して、ドル/円の新規売り注文をしました。

FXの新規売り注文から決済買い注文まで

1ドル=120円の時、ドル/円の決済買注文をした場合

110円で新規売を行い、120円で決済買をしました。その差額は-10円です。
その時、
注文数量が1通貨(1ドル)なら   -10円× 1通貨= -10円の損失になります。
注文数量が1万通貨(1万ドル)なら -10円×1万通貨=-10万円の損失になります。

1ドル=100円の時、ドル/円の決済買注文をした場合

110円で新規売を行い、100円で決済買をしました。その差額は+10円です。
その時、
注文数量が1通貨(1ドル)なら   +10円× 1通貨= +10円の利益になります。
注文数量が1万通貨(1万ドル)なら +10円×1万通貨=+10万円の利益になります。

ケース3 新規買い注文から始め、決済を翌営業日にした場合

1ドル=110円のときに、今後の値動きが上がると予想して、ドル/円の新規買い注文をしました。その後、ポジションを持ったまま決済せずに翌営業日を迎えました。

FXのロールオーバー

1ドル=120円の時、ドル/円の決済売注文をした場合

110円で新規買を行い、120円で決済売をしました。その差額は+10円です。
また、スワップポイントは、1ドル当たり0.0005円でした。
その時、注文数量が1通貨(1ドル)なら
          +10円×1通貨=+10円
スワップポイントは +0.0005円×1通貨=+0.0005円
つまり、      +10円+0.0005円=10.0005円の利益になります。

注文数量が1万通貨(1万ドル)なら
          +10円×1万通貨=+10万円
スワップポイントは +0.0005円×1万通貨=+5円
つまり、      +10万円+5円=10万5円の利益になります。

ここで使われた、FXでよく見る単語

関連ページ

FXの基本

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。為替変動における価格差を利用し、為替利益を目的とする金融商品です。

[詳しくはこちら]

FXの取引の流れ

個人専用のFX口座に入金することで、取引が可能になります。おおまかな取引の流れについて紹介します。

[詳しくはこちら]

FX読み物コラム

FX取引に関する読み物コラムを連載しています。FXをもっと楽しくするためのお役立ち情報を公開中です。

[詳しくはこちら]

最短7分口座開設はこちら無料