FXで初心者がよくやる失敗例10選|損失リスクを抑える方法を紹介

FXで重要なのは「損失」を防ぐ対策をすること

FXの仕組み

FXにおいて重要なことは、ひたすらに利益を追求することではなく、損失を防ぐための対策をしっかりと講じることと言われています。

FXで大きな利益を狙うと、その分だけ損失が出るリスクが高くなります。リスクなしに利益を狙うことはできません。

常に損失が出る可能性を考えて、事前に失敗例を把握して、それを未然に防ぐための対策をおこないましょう。

利益を狙えば損失も一定は出ると理解する

為替相場は常に動いていて、未来の動きを正確に予想することは、どんな投資家や専門家であっても不可能です。

値動きを100%予測できない限りは、必ず損失が発生するものなので、ある程度の損失は許容するという姿勢が非常に重要になります。

利益を狙うより、損失を抑えることを意識する

FXでは一定以上の損失が出る事を前提に考え、その損失をどれだけ少なく済ませることができるかを重点的に考えましょう。

結論、FXで100回取引をして1度も損失が出ていない人はいないと言って良いでしょう。利益を出している人は、損失よりも利益の方が上回っている人です。

FXで初心者がよくやる失敗

ここからは、具体的にFXで初心者がよくやる失敗の具体例を紹介します。

FXのよくある失敗10選

1:勘や思い込みで売買をする

投資は根拠に基づき行うべきもので「ローソク足でサインが出たから」「雇用統計がよかったから」など、しっかりと根拠に基づいた意思決定ができるようになりましょう。

もちろん、勘で取引をして成功するパターンもありますが、やはり意思決定は根拠に基づいているべきなので、まずは勉強をすることが重要です。

2:取引ルールを決めていない

FXでは取引ルールに基づき、感情を排して機械的に取引をするということも非常に重要になります。

           

● 〇〇%の利益(損失)が出たら利益確定(損切り)する

           

● 〇〇時から〇〇時はFXに充てる

           

● 重要指標発表前にポジションは決済する

         

ルールに基づかずに投資をするということは、結局は感情に基づいて投資をするということになるので、大きな失敗の原因となる可能性が高いでしょう。

3:レバレッジのかけすぎ

少ない資金で高額投資ができるからと言って、レバレッジをかけすぎてしまうというのもFX初心者が陥りやすい失敗の1つです。

FXのレバレッジは25倍となっており、それに応じた必要資金が定められています。ギリギリの証拠金で取引をすると、少しの値動きで証拠金維持率が100%を切ってしまい、強制決済(ロスカット)になってしまいます。

最初のうちは入金した証拠金に対して少額で取引を始め、FXの感覚を徐々に掴むようにしましょう。

4:ポジションを常に持ちたがる

FXは常に値動きしているため、常にポジションを持っていないと「チャンスを逃しているのではないか?」という気持ちになります。

しかし、これも結局は感情に流されているにすぎません。ポジションを持っている期間は常にリスクと隣合わせという見方もできます。

常にポジションを持つのではなく、ポジション保有の意思決定は根拠とルールに基づくものにしましょう。ポジションを持つ根拠が揃った時だけポジションを持ち、条件が揃っていない時にはじっと我慢して相場を見つめることも重要です。

5:色々な通貨ペアに手を出している

FXの特徴・注意点

上記はSBI FXトレードで取引可能な通貨ペアの一覧となります。

FXでは様々な通貨ペアを取引することができますが、あれもこれもと複数の通貨ペアに手を出すことは大きなリスクを伴います。

マイナーな通貨ペアになると、世界的に見た流通量や情報量が少なく、急激な変動を起こす可能性もメジャーな通貨に比べて高くなります。

自分が取引をする通貨ペアを予め決めて、基本的にはその通貨ペア以外には手を出さないようにしましょう。

6:損切りができていない

適宜に損切りができないというのは、初心者が最も陥りやすいミスの1つです。

「もう少し待っていれば値段が回復するかもしれない」と感情に流され、さらに損失が拡大するのは、FXを始めたばかりの時に誰もが一度は陥る失敗でもあります。

FXの特徴・注意点

深追いしたことで更に損失は大きくなり、資金を動かすことができなくなり、「今買えば(売れば)大きな利益が出るのに」というようなビッグチャンスを、指をくわえて見ているしかなくなります。

「損失が〇〇%になったら損切りする」という、ルールを決めて、事前の注文方法などを覚えて適切な損切りができるようになりましょう。

7:ポジションを持ったまま放置してしまう

長期保有のスタンスでもないのに、ポジションをもったまま放置するのは非常に危険です。ポジションを持っているということは、常にリスクを抱えているという事でもあります。

知らない間に損失が拡大し、強制ロスカットになってしまうかもしれません。また、スワップの支払いが生じる通貨ペアのポジションを持っていると、気づいた時には損失がかさんでいるという事態にもなりかねません。

ポジションを持ったら、総資産額や証拠金維持率などは最低でも1日1回は確認するようにしましょう。

8:ロスカットラインを把握していない

FXでは、証拠金維持率が一定以下になったら強制的にポジションを決済し、損失を確定させる「ロスカット 」という仕組みがあります。

証拠金以上の損失を生じさせない重要な仕組みですが、ロスカットのラインが「証拠金維持率の何%なのか」ということを把握していない人が少なくありません。

ロスカットのラインはFX会社によって異なります。自分が取引をしているFX会社のロスカットラインはどこなのかキチンと把握し、ロスカットにならないような余裕を持った取引を行いましょう。

9:相場が活発に動く時間を把握していない

FXの特徴・注意点

世界各国の市場がオープンするタイミングでは、相場の動きが活発になります。当然、相場が活発に動く時間は、利益獲得のチャンスや損失が生じる可能性が高くなる時でもあります。

しかし、FX初心者の中にはこの時間を把握していない人が多数存在します。

上記の表に記載した、世界の市場ごとに活発になる時間を把握しておけば、その時間に合わせて取引やポジションの調整をすることが可能になります。

10:自身の限界を超えた資金で取引をしてしまう

FXはあくまでも余裕資金で投資を行うものです。しかし、FX初心者は「大きな利益を狙いたい」という欲が出て、必要資金を投資に回してしまう傾向があります。

必要資金は失うわけにはいかないので、ついつい取引に感情が入りすぎてしまいます。

冷静に取引を行うためにも、少ない資金だとしても余裕資金のみで売買を行うようにしましょう。

失敗を防ぐために覚えておきたいこと

           

● 常に勉強や分析を怠らない

           

● リスク回避のための注文方法を覚える

           

● 少額でスタートして経験を積む

         

FX投資で失敗を少しでも防ぐためには上記3点を意識してください。FXで失敗を回避するために覚えておくべきポイントを解説していきます。

常に勉強や分析を怠らない

FXでは常に勉強や分析をすることが重要です。

投資の理論も日々進化しているので、分析手法を覚えるのはもちろん、様々なサイトや本から最新の情報や取引手法を常に仕入れるようにしておきましょう。

理論に基づかない取引は、結局は「勘」で投資しているにすぎません。理論に基づいて取引ができるよう、常に勉強することがFXにおいては非常に重要です。

リスク回避のための注文方法を覚える

FXの注文方法は時価でそのまま注文する「成行注文」「2WAY注文」 だけではありません。以下のような注文方法を覚えて急な変動にも対応できるようにしておきましょう。

「指値注文」:レートを指定して注文を出す方法

「逆指値注文」:現在のレートより「値上がりしたら買う」、または「値下がりしたら売る」注文

「OCO注文」:2つの注文を一度に発注し、どちらかが成立するとも一方が自動的にキャンセルになる注文(「100円になったら買い、110円になったら売り」などと注文することで、上昇にも下落にも利益を狙うことができる)

「IFD注文」:新規の注文と、その注文の決済注文を同時に出せる注文方法(「100円になったら買い」、「110円になったら決済」と注文することでポジション保有から利益確定まで注文時から指定できる

これらの注文方法を使いこなすことで、自身が相場を見ることができない時間であっても、リスクをコントロールすることができるようになります。

少額でスタートして経験を積む

ここまで様々なことを説明してきましたが、やはり最初は肌感覚で投資に慣れるのがベストです。

最初は少額でも良いので、ご自身の資金で投資の経験を積むのが重要です。

SBI FXトレードでは、米ドル円の取引であれば最少資金「約4円」といった少額での取引が可能です。これは他のFX会社と比べてもかなり少額となっています。無理のない資金で取引を覚えていきましょう。

初心者向けのSBI FXトレードをご検討ください

FXでは、100回取引をして1度も損失を出さないことは不可能に近いので、どんな人であってもある程度の失敗を経験することを理解する必要があります。

その点を踏まえて、まずは少額でスタートしてFXの経験を積むことが重要です。

SBI FXトレードであれば最低投資単位は1通貨です。そのため、米ドル円の取引であれば最少で「約4.4円」でスタートできます(1ドル=110円・レバレッジ25倍)

口座開設は無料で、PCやもしくはスマートフォンから手軽にできますので、失敗を恐れずにFXにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このページで使われた、FXでよく見る単語

最短20分口座開設はこちら無料