スプレッド | SBI FXトレード 

スプレッド

スプレッド=「売値」と「買値」の価格の差

FX取引会社によって、それぞれの通貨ペアのスプレッドが決められています。SBI FXトレードのスプレッド一覧は以下のページに最新情報が掲載されています。

>>SBI FXトレードのスプレッド実績

スプレッド

スプレッド0.2銭の場合

例えば、米ドル円のスプレッド提示が「0.2銭」だった場合は、
・1ドルを買うために必要な日本円は「110.0020円」となります。
・1ドルを円に戻す場合には「110.0000円」となります。

スプレッド1.0銭の場合

これがもし、米ドル円のスプレッド提示が「1.0銭」だった場合は、
・1ドルを買うために必要な日本円は「110.0100円」となります。
・1ドルを円に戻す場合には「110.0000円」となります。

スプレッドは実質的なコストとなる

1往復した時にかかる実質的な手数料は、スプレッドが小さいほど少なく済みます。

取引価格は、スプレッド分「売値」の方が低く、「買値」の方が高くなっています。また当社のスプレッドは1通貨~1,000通貨までは原則固定ですが、マーケットの実勢レートと同様に売買注文額が大きくなるほど、スプレッドの幅が広くなります。

関連ページ

スワップポイント

FXでよく見る単語一覧として、スワップポイントについて解説します。スワップポイントとは、2つの通貨の金利の差額のことです。

[詳しくはこちら]

ロールオーバー

FXでよく見る単語一覧として、ロールオーバーについて解説します。ロールオーバーとは、ポジションを翌営業日に持ち越すことです。

[詳しくはこちら]

ポジション

FXでよく見る単語一覧として、ポジションについて解説します。ポジションとは、通貨を購入し、保有していることです。

[詳しくはこちら]

反対売買・差金決済

FXでよく見る単語一覧として、反対売買と差金決済について解説します。FX取引における売買の仕組みを紹介します。

[詳しくはこちら]

最短32分口座開設はこちら無料