FXで相場が動く時間帯は?取引可能時間と市場の動きについて解説 

FXで相場が動く時間帯は?取引可能時間と市場の動きについて解説

FX市場は東京だけではなく、ウェリントン・シドニー・ロンドン・ニューヨークなど、世界各国で開かれています。

そのため取引時間の自由度が高く、平日であれば原則として24時間取引が可能です。

基本的に日中のみ取引可能な株取引に対し、自分のライフスタイルに合わせて投資できることはFXの大きな魅力の一つです。

相場の動きは世界の主要となる市場のオープン時間に合わせて活発になりますが、取引を行う時間帯には注意する必要があります。

相場が活発に動く時間帯、値動きが激しくなる時間帯など、特徴を捉えて慎重に取引することが大切です。

この記事では、「FXの取引可能時間」「相場が活発に動く時間帯」「取引のタイミングや時間帯の注意点」などについて詳しく解説していきます。

FXは24時間相場の変動が起こっている

FXは、24時間相場が動いています。東京市場が閉まっている時間帯でもロンドンやニューヨークの市場が開いており、世界のどこかで絶えず通貨の売買が行われているためです。

相場は、各国の経済や政治の状態など、さまざまな要因が絡み合って変動します。

詳しくは後述しますが、取引の際は経済や政治情勢などのチェックは欠かさないようにしましょう。

FXは平日なら24時間取引可能

FXは原則、平日であれば祝日も含めて24時間いつでも取引ができます。(メンテナンス時間は除く)

「日中しか時間が取れない」「仕事で帰りが真夜中になってしまう」という人も、FXであれば自分のライフスタイルに合わせて無理なく投資ができます。

ただし、クリスマスや大晦日は取引時間を短縮しているため、事前に確認しておきましょう。

各市場の取引可能な時間帯

各市場によって、取引可能な時間帯は変わります。下図は、各市場の取引可能時間です。

各市場の取引可能な時間帯

ウェリントン市場に始まり、シドニー市場、東京市場…と西へ移動しながら順に市場がオープンします。

東京市場が閉まっている日本時間の深夜でも、ロンドン市場やニューヨーク市場では活発に取引が行われています。

サマータイム制度による取引時間の変動

FXには「米国サマータイム制度」があり、夏の間は時計の針を1時間進めた時刻を使います。そのため、夏時間と冬時間で取引可能時間が変わることに注意しましょう。

下記は、SBI FXトレードの取引可能時間です。

夏時間の取引可能時間
「3月第2日曜日~(3月〜10月)」
冬時間の取引可能時間
「11月第1日曜日~(11月〜2月)」
月曜日am7:00~土曜日am5:30 月曜日am7:00~土曜日am6:30

たった1時間の違いですが、相場の動きが激しくなりがちな重要な経済指標の発表時などは、タイミングを逃してしまうことのないよう注意が必要です。

土日や元日は取引が停止される

FXでは、基本的に土日は取引ができません。中東など中には土日も動いている市場はありますが、世界各国の市場の多くは休場となっています。

また、世界共通の祝日である元日(1月1日)も市場が休みになり、取引ができません。

クリスマスはロンドン市場やニューヨーク市場は休場となるため、取引時間が短縮となります。

ロンドン市場とニューヨーク市場は世界でも取引量の多い市場ですが、休場になると取引参加者が激減し、取引量が少なくなることで流動性が大きく低下するため、年末年始やクリスマスでの積極的な取引は控えたほうがよいでしょう。

土日でも価格変動は起こる

土日は市場が休みとなり取引はできませんが、価格は止まることなく変動し続けているため、注意が必要です。

もしも土日に経済・政治関連の重大な事件や大規模な災害などが起きた場合、相場に大きく影響する可能性があります。

週末にポジションを持ち越すと、取引時間外であるため損切りなどの対応ができず、大きな損失が出てしまうかもしれません。

このようなリスクを避けるためにも、十分な証拠金で無理のない取引をオススメします。

各市場のオープン時間付近は相場が動きやすい

相場が動きやすいのは、各市場がオープンする時間帯です。

FXで効率よく利益を出すには、値動きが活発になる時間帯を狙うとよいとされています。ただし、相場が活発に動くということは、利益だけではなく損失も大きくなりやすいということでもあるため、注意が必要です。

値動きが活発になりやすいオープン時間付近は、リスクを十分に踏まえたうえで、慎重に取引を行いましょう。

ここからは、各市場で値動きが活発になる時間帯や、特徴などについて解説します。それぞれの特徴を掴んで取引に活かしましょう。

ウェリントン市場(ニュージーランド)・シドニー市場(オーストラリア)

日付が変わってから一番早く動き出すのがニュージーランドのウェリントン市場で、日本時間の朝5時頃から取引がオープンし、次に、シドニー市場が朝7時頃にオープンします。

市場参加者は基本的には少なめで、あまり値動きのない時間帯です。

しかし、 週末に市場に影響を与える出来事や、中央銀行総裁会議などがあった場合には一番早く反応します。

週末に大きなニュースがあった後の月曜日の早朝は価格が乱高下するリスクもあるため、注意が必要です。

東京市場(日本)

ウェリントン市場、シドニー市場に続いて、朝9時ごろには東京市場がオープンします。日本のほか、中国、シンガポール、オーストラリアの市場参加者が多い時間帯です。

9時55分には各金融機関がその日に提示する基準レート(TTM)を決定するため、この時間に向けて取引が活発になります。

また、5日・10日・15日などの「ゴトウビ(5と10がつく日)」は企業の決済日であることが多く、海外での支払いのためにドルが多く買われるため、「ドル高・円安」になりやすい傾向があります。

その後、10時を過ぎると、相場の動きは穏やかになっていくことが多いです。

ロンドン市場(イギリス)

日本時間の16時頃からオープンするロンドン市場は欧州の取引の大半を占めており、 17時からは市場参加者が増加するため、一気に値動きが活発になります。

主に取引されるのはユーロやポンドなどの欧州通貨で、ユーロ圏で重要な経済指標が発表された際には、相場の動きがかなり大きくなることもあります。

ただし、欧州勢がお昼休みに入る19時頃になると、値動きは一旦落ち着くことが多いです。

その後の21時以降はニューヨーク市場と重なる時間帯であり、1日の中でも取引が最も活発になる時間帯であるため、日中はFXができないという方は、この時間帯だけに限定して取引をするのもよいでしょう。

ニューヨーク市場(米国)

1日の値動きのピークを迎えるのが、ニューヨーク市場がオープンする21時以降の時間帯です。ニューヨーク市場では、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」など、ドルストレートと呼ばれる通貨ペアが多く売買されます。

世界でも取引量の多いロンドン市場とニューヨーク市場の時間が重なる 21時〜深夜2時頃は、最も取引が活発になり、トレンドの発生しやすい重要な時間帯です。

米国の重要な経済指標の発表や、24時以降のオプションカット(通貨オプション取引の権利行使の期限)が、相場を大きく動かす要因となっています。

日本時間の21時以降は仕事が終わって帰宅したり、家事が一段落したりと、慌ただしい平日の1日の中でもゆっくりできる時間帯であることが多いため、落ち着いて慎重な取引が行いやすいでしょう。

FXをするタイミングや時間帯の注意点

FXは平日であれば基本的に自分の好きなタイミングで取引が可能ですが、注意点もあります。

リスクを抑えた取引を行うためにも、タイミングや時間帯の注意点について知っておきましょう。

社会情勢によって相場が大きく変動する

FXは、社会情勢によって相場が大きく動きます。

下図は、代表的な相場の変動要因です。テロといった予測不能な事件なども相場に大きく関わってくるため、ニュースは欠かさずチェックしておきましょう。

経済指標の発表 政策金利の変動 政治的な要因 戦争・紛争、テロ
各国の経済に関する統計で、経済動向を見るうえで重要となる 景気が良くなるとその国の通貨の需要が増加することがある 各国の首脳など、要人の発言で大きく値動きすることがある 戦争などによる経済の影響が懸念された場合、相場変動の要因となることがある

金曜日はとくに相場が動きやすい

FXを始めたばかりの方が避けたほうがよいとされるのが、金曜日の取引です。

なぜなら、金曜日は多くの投資家がポジション調整(保有ポジションを決済すること)を行うため、値動きが激しくなる可能性があります。

また、さまざまな指標の中でも毎月第1金曜日に発表される米国の雇用統計は注目度が高く、相場が大きく動く傾向があります。

投資には「売るべし、買うべし、休むべし」という格言があります。相場が荒れているときは一旦休むことも選択肢の一つです。

無理に参加して損失を生むリスクを高めるよりも、機を待って取引をしたほうが勝率を上げることができるでしょう。

取引を避けた方がいい時間帯

日本時間の早朝6時〜7時頃の時間帯は、以下のような理由から取引を避けたほうがいいとされています。

● 流動性が低く、相場の動きが小さい

● 突発的な急騰・急落のリスクがある

● スプレッド(取引コスト)が広がりやすい

時間帯に応じて慎重な取引をしよう

FX市場は世界中で開かれており、平日であれば24時間(月曜の朝〜土曜日の朝)取引を行えます。

取引時間の自由度が高いため、忙しい方も自分のライフスタイルに合わせた運用ができるでしょう。

ただし、取引の時間帯やタイミングによっては値動きが激しくなるなど、リスクが高くなるため注意が必要です。

時間帯ごとの値動きの特徴について知り、リスクを抑えながら効率よく利益を出せるよう、慎重に取引しましょう。

業界最狭水準スプレッドのSBI FXトレードでは、コストを抑えてお取引いただけます。また、1通貨から取引可能であるため、これからFXを始めるという方や、少額取引をご希望されている方にもおすすめです。

最短20分口座開設はこちら無料