FXとは?初心者が最初に覚えるべき基礎知識と取引の仕組み

FXとは「外国為替証拠金取引」のこと

FXとはForeign exchangeに由来し、現在は「外国為替証拠金取引」を意味します。

FXの基本的な仕組みについて、まずは分かりやすく解説していきます。

二国間の通貨で売買をおこない、利益を狙う取引

FXでは二国間の通貨の売買 を行い、その差額による利益を狙う取引です。価格変動により利益が出る可能性がありますが、逆に損失が出る可能性もあります。

FXでは、この二国間の通貨の組み合わせを「通貨ペア」と呼びます。具体的にはアメリカドルと日本円(USD/JPY)、アメリカドルとユーロ(EUR/USD)、ユーロと日本円(EUR/JPY)などです。

仕組みは海外旅行へ行く時の外貨両替と同じ

FXの仕組み

FXで利益や損失が出る仕組みは、私たちが海外旅行をする時の両替をイメージしていただけると分かりやすいかもしれません。

日本人が海外に行く際には、日本円を行き先の国の通貨に両替します。基本的に、日本円を売ってドルやユーロなどの外貨を買う形となります。

旅行が無事に終わり、旅行先で使った外貨があまった時には、手持ちの外貨を売って日本円を買います。

FXも基本的にはこれと同じで、ある通貨を売って、ある通貨を購入することによって利益を狙います。

世界各国の通貨の価値は常に変動している

世界各国の通貨の価値は常に変動しています。そのため、10,000円をアメリカドルに替えようと思った場合でも、今日と明日では替えられるドルの量は同じではありません。

各国の通貨は、経済情勢、貿易収支、金利政策、金融政策、市場のリスクオン/リスクオフなどの影響によって常に変動しています。

この通貨の価値が変動するタイミングを見ながら売買して、結果的に手元に残るお金を増やしていくのがFXの仕組みです。

FXで利益/損失が出る仕組み

FXで利益/損失が出る仕組み

FXでは、上記のようなチャートを見ながら通貨の値動きを予想して売買をおこないます。

例えば現時点でのレートが「1ドル=110.0円」で、今後の価格が上がる(円安になる)と予想した場合は、「買い注文」をおこないます。日本円をドルに替えるという注文になります。

予想通りに価格が上昇した場合には、日本円に戻した時に差額分だけの利益を獲得することができます。

予想に反した場合には損失が発生する

もちろん、通貨の値動きが予想に反してしまった場合には損失が発生することになるので注意が必要です。

先程と同じように「1ドル=110.0円」の時に、今後の価格が上がると予想して買い注文を入れたものの、予想に反して下がる(円高になる)という結果になってしまいました。

この場合は、日本円に戻した時には差額分だけの損失が発生することとなります。

FXでは、利益を期待できる反面、逆に損失が出るリスクがあるという点も理解しておきましょう。

初心者向け|FXの特徴5選

投資の中でも割とベターなものとして知られているFXには、下記のような特徴があります。

           

● 平日は24時間いつでも取引が可能

           

● 取引量(資金)を自分でコントロールできる

           

● 相場が下落している局面でも利益を狙うことができる

           

● レバレッジによって所持金以上の力で取引できる

           

● 短期でも中長期でも利益を狙える

         

1:平日は24時間いつでも取引が可能

FXの取引可能時間

FXは、平日は24時間いつでも取引することができます。

日本円や米ドルといった通貨は世界中で利用されており、24時間どこかの国の市場は開いています。

例えば、主要取引所の開場時間は以下の通りです。

           

● シドニー:7時〜16時

           

● 東京:9時〜18時

           

● ロンドン:17時〜1時

           

● ニューヨーク:22時〜7時

           

※季節によりで多少の変動あり

         

このように、平日は24時間必ずどこかの国の市場が開いているので、FX会社のメンテナンス時間をのぞいてほぼ24時間取引をすることが可能です。

2:取引量(資金)を自分でコントロールできる

FXの資金

FXでは、1度に売買する取引通貨量を自由に決めることができます。

それぞれの投資家により、FXにかけられる資金の量が違うので、自分に合った取引数量で売買をおこなうことが重要です。

株式投資であれば株価に見合った一定の投資額を用意しなければなりませんが、FXにおいては自分の資金力を基準に投資額(取引数量)を決めることができるので、無理のない投資を行うことが可能です。

3:相場が下落している局面でも利益が狙える

FX利益と損失が出る仕組み


FXでは相場が下落している場面でも利益を狙うことができます。FXは「買い」だけではなく、「売り」から取引を始めることができるためです。

一般的には、相場がこれから上がるだろうと予測した時には買い注文を入れ、相場がこれから下がるだろうと予測した時には売り注文を入れます。

例えば、1ドル110円の時に「これから相場は下がるだろう」と予測した場合には、新規で売り注文を入れます。それが予想通りに下がった場合には、下がった分だけの利益が出ることとなります。ただし、予想に反して相場が上昇してしまった場合には、その分だけの損失が発生することとなります。

株式投資では相場が上昇しなければ利益を得ることはできませんが、証拠金取引であるFXでは下落相場の時にも利益を狙うことができます。上昇局面だけでなく下落局面でも利益を狙えるのは、FXの大きな特徴と言えます。

4:レバレッジをかけることで所持金以上の力で取引できる

レバレッジの仕組み

レバレッジとは「テコ」のことで、少ない資金で大きな金額の投資を行うことが可能です。FXではレバレッジをかけることで、持っている資金以上の力で取引をすることができます。

国内FX会社では25倍のレバレッジをかけることができます。

例えば、1ドル=110円の時に1万通貨で取引をしようと思ったら、1万ドル=110万円となるので、日本円にして110万円の資金が必要という事になります。

しかし、25倍のレバレッジをかけることで、必要な資金は110万円÷25=4.4万円となります。当然、110万円の資金を持っている人と同じだけの利益/損失が出る事となります。

このように、レバレッジをかけることで獲得効率を高めることができる反面、損失リスクが大きくなる点を覚えておきましょう。

5:短期でも中長期でも利益を狙える

FXのトレードスタイル

FXの投資スタイルは人によって様々で、数分~数時間単位での売買をおこなう人もいれば、数週間~年単位でしか売買をおこなわない人もいます。

短期売買で細かく利益獲得を目指していくスタイルや、中長期での値上がりやスワップポイント(通貨ペアの金利差による利益)の獲得を狙うスタイルなど、自分にあった様々なスタイルで投資を行うことができます。

仕事や、家庭の都合によってFXに割ける時間は人それぞれですが、自分のライフスタイルや投資スタイルに見合った方法で投資をすることができるのもFXの魅力です。

どれぐらいの利益が出るのか

FXの利益と損失

FXで発生する利益や損失の額は、通貨ペアや取引数量によって異なります。しかし、1回の取引で口座の資金が数倍に増えるような可能性はほとんどないでしょう。

1万通貨の取引をするための必要証拠金の計算は「110円×1万通貨÷25=44,000円(レバレッジ25倍)」となります。

上記の画像のように、1万通貨の取引数量で売買をしている中でドルの価値が「110円→112円」に上がったとして、発生する利益は20,000円です。最低資金44,000円で始めた場合、口座の資金が64,000円になるというイメージです。

しかし、FXでは現実的にアメリカドルが2円上昇するまでに、通常は数日以上の時間がかかります。また、証拠金を最低額付近しか入金していない場合は、予想に反した時にすぐに取引不能になり強制決済(ロスカット)になってしまいます。

そのため、短期間で大きな利益を狙うのではなく、証拠金に対して無理のない取引数量にしてコツコツと利益を狙っていくスタイルを意識しましょう。

どれぐらいの資金があればできるのか

多くのFX会社では、最低取引数量が定められています。

例えば、最低取引数量が1万通貨である場合、米ドル円(1ドル=110円)を取引する場合の必要資金の計算は下記の通りとなります。

           

110円×1万通貨÷25(レバレッジ25倍)=44,000円

         

これに対してSBI FXトレードの場合であれば、最低取引通貨量が「1通貨」となっているため、上記に比べて少ない資金でFXを始めることができます。

           

110円×1通貨÷25(レバレッジ25倍)=約4.4円

         

初心者のうちは、利益だけでなく損失が出る可能性を考えなければいけません。まずは少額からスタートして、取引の感覚を徐々に掴んでいきましょう。

損失が出る可能性はあるのか

FXの利益と損失

ここまで紹介してきた通り、FXは少ない証拠金で多くの利益を狙うことができますが、その反面で損失が生じる可能性もあります。

FXで損失をもたらす可能性のある以下の8つのリスクについてしっかりと頭に入れておきましょう。

           

● 為替変動リスク:為替相場の変動によって損失が生じるリスク

           

● 金利変動リスク:政策金利の変化によって価格やスワップポイントが影響されるリスク

           

● レバレッジリスク:レバレッジを利用したことによって投資数量が多くなり、大きな損失を負うリスク

           

● スリッページリスク:相場の動きが激しい時に提示レートよりも乖離したレートで約定されてしまう

           

● カントリーリスク:投資対象となる通貨の国での政治・経済の状況により、通貨の価値が大きく変動するリスク

           

● 信用リスク:FX会社が経営難などの理由により破綻した場合、ユーザーに不利益が生じるリスク

           

● 流動性リスク:売りたい(買いたい)時に買い手(売り手)が見つからずに取引が約定しないリスク

           

● 取引システムのリスク:FX会社のシステム障害、サーバーやネットに繋がらない場合などに取引ができなくなるリスク

         

投資にはリスクがつきものとして知られていますが、レバレッジリスクなどはFXだけのリスクと言えます。リスクについて十分に理解した上でFXを始めるようにしてください。

FXで取引をするまでの流れ

FXの利益と損失

FX口座を開設する

本人確認書類とマイナンバーがあれば、PCやスマートフォンからすぐにでも口座開設手続きをすることができます。実際に銀行やFX会社などへ足を運ぶ必要はありません。

最初の資金を入金する

口座開設後に、まずは最初の証拠金を入金しましょう。この時、生活に必要な資金を入金するのではなく、あくまでも余裕資金を入金するようにしてください。

また、取引に必要な最低の証拠金だけ入金すると、相場が思惑と逆に進んだ時にすぐに取引不能になってしまいます。1通貨で始めるなら最低必要資金である4円の倍にあたる「8円」、1,000通貨で始めるなら最低必要証拠金である4,000円の倍にあたる「8,000円」くらいは口座に入金しておいた方が良いでしょう。

取引スタイルを決める

上記でも紹介した通り、FXには短期から中長期までさまざまな取引スタイルがあるので、まずは自分の投資スタイルを決めましょう。

まずは短期での取引を少額で経験しながら、少しずつ自身に合ったスタイルと見つけていくのが自然な流れです。

ただし、「投資に費やす時間を毎日捻出することが難しい」という方は、中長期での売買を検討してみてください。

通貨ペアと取引量を決める

次に自分が取引する通貨ペアを決定しましょう。FXではさまざまな国の通貨を取引することができますが、最初は日本円の絡んだメジャーな通貨ペアを選択した方が良いでしょう。

「米ドル/円」や「ユーロ/円」は、世界的に見ても多くの投資家が取引している通貨ペアで、情報量も多く値動きが激しくなる可能性も他と比べて低いからです。

メジャーな通貨ペアでの取引に慣れた後で、マイナーな通貨ペアの取引を検討してみてください。

新規注文をする

投資スタイル・通貨ペア・数量を決めたら新規注文をするだけです。上がると思うのであれば「買い」、下がると思うのであれば「売り」の注文をしてみましょう。

また、利益を狙ったり損失を限定したりするのには、さまざまな注文方法を使いこなせるようになると良いでしょう。

FXには、リアルタイムで通貨の売買をするだけでなく、事前に指定の価格になったら売買をするような注文を事前に出しておくことができます。

具体的には、指値注文・逆指値注文IFD注文OCO注文などで、それぞれのページで詳しく紹介しています。

まずは口座開設~小額で始めて感覚を掴むことから

FXでは二国間の通貨の売買を行い、利益を狙う取引です。平日24時間取引ができたり、下落局面でも利益を狙うことができたりといった特徴があります。

レバレッジをかけることができるので、少ない資金で大きな利益を狙うこともできますが、損失を負うリスクもあります。

初心者はまずFXの仕組みを理解するために少額で取引を始めて、少しずつ慣れていきましょう。

SBI FXトレードでは、少額資金での取引(約4.4円)が可能なうえ、スマートフォンやPCやからすぐに口座開設手続きができるので、まずはFXの世界を体感してみてはいかがでしょうか。

このページで使われた、FXでよく見る単語

無料最短20分口座開設はこちら