SBI FXトレードの取引ツール|SBI FXトレード 

初心者からプロまで満足できる取引ツール

リッチクライアント版取引ソフト

Point1 多機能搭載のチャート

表示本数 30~2000本
最大チャート表示 30チャート
足種 13種類
TICK、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカルチャート 29種類
移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリックSAR、エンベロープ、ピポット・ポイント、フィボナッチ、指数平滑移動平均、自動トレンドライン、HLバンド、CCI、乖離率、サイコロジカルライン、強弱レシオ、ADX、CV、RSI、STDEV、ストキャスティクFAST、ストキャスティクSLOW、SONAR、ウィリアムズ%R、DEMARK、ROC、REVERSE、DMI、MACD、MADC OSC、RCI
描画ツール 21種類
トレンドライン、ライン、水平線、垂直線、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、一目均衡1、一目均衡2、ギャン・ファン・アップ、ギャン・ファン・ダウン、スピードライン、アンドリュース・ピッチフォーク、アングル、線形回帰線、Raff回帰チャネル、標準偏差チャネル、標準誤差チャネル、三分割線、四分割線

チャートから新規注文も可能

チャート内で右クリックすると注文一覧が表示されるため、素早い取引が可能です。

CSVファイルに出力が可能

「CSV」アイコンをクリックすると、4本値の出力が可能です(日足のみ)。チャートデータをCSVファイルに出力できるので、チャート分析などに利用することができます。

Point2 「プライスボード」画面

チャートとローソク足と現在価格、これら3つを同時に確認できるようになり、素早い投資判断が可能になりました。簡易チャート 、ローソク足、レートパネルを一覧で最大 6 件まで確認することができます。

Point3 画面レイアウトのカスタマイズが可能

画面レイアウトを「MDI(新規注文や照会といった各操作のウインドウが親ウインドウの中に表示される形式)」と「SDI(個々のウインドウを独立して表示する形式)」から選択できるようになりました。これにより、マルチモニターでの取引に対応し、さらに自分好みの画面レイアウトのカスタマイズが可能になりました。

利用環境

OS Windows7(32/64bit)
Windows8.1(32/64bit)
Windows10(32/64bit)
※タッチパネルは利用できません。
※游ゴシックフォントのダウンロードが必要となります。
ブラウザ Internet Explorer11.0
DISK容量 アプリ用として200MB以上の空き容量
解像度 1920x1080(1024×768以上の解像度)
CPU Core 2 Duo 2.00Ghz相当以上
メモリ 32bit OSでは 1GB以上推奨
64bit OSでは 2GB以上推奨
通信環境 インターネット常時接続環境
(光/ADSL/CATV以上のインターネット常時接続環境)

最短5分口座開設はこちら無料