「オプションFX」の3つの特徴のご紹介~オプションサービス第一弾!バニラオプション取引が可能となります~

2018/10/01

平素はSBI FXトレードをご利用くださいまして誠にありがとうございます。
今回、オプションサービスの第一弾として、バニラオプション※1取引(サービス名:「オプションFX」)の提供を開始いたします。

バニラオプション取引は数あるオプションの中でも最もスタンダードな商品であり、インターバンク市場においても日々活発に取引が行われております。
このバニラオプション取引をFX取引とあわせてご活用いただくことで、多くの個人投資家の皆さまの取引戦略の幅を広げることが可能なサービスであると考えております。
第一弾ではオプションの買いのみの提供となりますが、段階的にサービスを拡充し、個人投資家の皆さまに親しみをもってお取引いただけるオプションサービスを提供してまいります。

※1 バニラオプション:コールオプションやプットオプションのように基本的なオプションのことを指します。
■「オプション FX」の主な3つの特徴

1:1万米ドルからバニラオプション取引が可能
「オプションFX」ではバニラオプションを1枚(1万米ドル)からお取引が可能となります。これまでオプション取引はインターバンク市場が中心でしたが、オプション取引に触れる機会の少なかった投資家の皆さまにも親しみやすい商品となっております。
また、オプション取引単独だけではなく、FX取引と組み合わせることでヘッジ手段としてもご活用いただけることから、投資家の皆さまに新たな投資機会を提供できる商品であると考えております。
2:リスクはオプション購入料に限定
オプションサービスの第1弾ではオプションの買いのみの提供となるため、最大損失金額は支払ったオプション購入料※2に限定されます。また、「オプションFX」では、ポジション保有期間は最大で40日程度となります。一般的なバイナリーオプションではオプション購入後、決済までの期間が数時間程度と短期間が中心でしたが、「オプションFX」は、より長期間の相場変動を収益機会に変えることが出来る点において、これまでのバイナリーオプションとは大きく異なります。是非この機会に「オプションFX」をご体感ください。
3:シンプルな取引画面
「オプションFX」の取引画面は様々なお客さまにお取引いただけるよう、日経225 オプションの取引画面のようなシンプルな取引画面となっております。

※2 オプション購入料: オプションの購入時に支払う手数料のことを指します。