テクニカル状況(午前)



2020年1月24日 9時00分掲載

テクニカル状況 USD/JPY

110円30銭先週末1月17日の高値
110円23銭1月21日の高値
110円10銭1月22日の高値
109円85銭昨日1月23日の高値
109円78銭日足・転換線
109円76銭週足・雲の上限
109円68銭200週移動平均線
109円52銭現状水準(午前8時15分現在)
109円38銭20日移動平均線
109円26銭昨日1月23日の安値
109円02銭日足・雲の上限
109円01銭1月9日の安値

テクニカル状況 AUD/JPY

75円89銭1月20日の高値
75円81銭1月21日の高値
75円53銭20日移動平均線
75円49銭昨日1月23日の高値
75円45銭日足・転換線
74円93銭現状水準(午前8時15分現在)
74円77銭日足・雲の上限
74円67銭200日移動平均線
74円65銭昨日1月23日の安値

テクニカル状況 EUR/USD

1.1142先週末1月17日の高値
1.1131200日移動平均線
1.11181月21日の高値
1.1109昨日1月23日の高値
1.1108日足・雲上限
1.1104日足・転換線
1.1074日足・雲下限
1.1055現状水準(午前8時15分現在)
1.1036昨日1月23日の安値
1.1003昨年12月2日の安値
1.0981昨年11月29日の安値

テクニカル状況 EUR/JPY

122円37銭1月21日の高値
122円24銭日足・転換線
122円01銭1月22日の高値
121円87銭昨日1月23日の高値
121円14銭日足・雲の上限
121円07銭現状水準(午前8時15分現在)
120円81銭200日移動平均線
120円63銭昨日1月23日の安値
120円18銭1月8日の安値

テクニカル状況 GBP/USD

1.32121月7日の高値
1.3211日足・雲の上限
1.31691月8日の高値
1.31531月22日の高値
1.3151昨日1月23日の高値
1.3123現状水準(午前8時15分現在)
1.3097昨日1月23日の安値
1.3095日足・基準線
1.3053日足・転換線
1.29621月20日の安値
1.29541月14日の安値
1.294012月26日の安値
1.290712月24日の安値

テクニカル状況 GBP/JPY

144円61銭1月22日の高値
144円41銭昨日1月23日の高値
144円30銭日足・雲上限
143円71銭現状水準(午前8時15分現在)
143円53銭日足・転換線
143円21銭昨日1月23日の安値
142円80銭1月20日の安値
142円66銭1月15日の安値

概況

新型コロナウィルス感染拡大を背景にアジア株が全般に下落したことからNY株式市場でもNYダウが一時219㌦安まで下げ幅を拡大するなどリスク回避の動きを受けてドル円は109円26銭まで下落。しかしWTOが非常事態宣言の発令を行わなかった安心感やハイテク株中心にナスダックの続伸も好感されダウは取引終盤にかけ下げ幅を縮小し26㌦安で取引を終了。加えてECB理事会でラガルド総裁がインフレに対し緩やかな上昇の兆しに言及した後に、緩和政策の必要性について発言したことからユーロは1.1109㌦から1.1036㌦へ下落。ドルの対ユーロでの反発もドル円の下げ止まりに寄与し109円49銭で昨晩のNY市場の取引を終了。

本日から来週30日まで春節で休場となる上海市場、新型コロナウィルスの感染拡大を巡る新たな動あるか、香港ハンセン指数や日経平均株価の動きに注目。

ドル円は昨晩の109 円26銭を当面の下値として下げ止まることができるか、一方、 上値のメ200週移動平均線(109円68銭)週足・雲の上限(109円76銭)、 日足・転換線(109 円 78 銭)を回復できるか、今晩の米 1 月製造業 PMI に注目。

ユーロは昨年 12 月10 日の安値(1.1061 ㌦)を下回る 1.1036 ㌦まで下落終えた中、今晩のドイツやユーロ圏 1 月製造業 PMIを受けて反発し、日足・雲の下限(1.1074㌦)を回復することができるか、あるいは12月2日の安値(1.1003 ㌦)を目指して一段安となるか注目。

提供:SBIリクイディティ・マーケット株式会社

お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。情報の内容については万全を 期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。

※お客様は、本サービスで表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。

※情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。

※本サービスは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。