ジョセフ・クラフト 特別レポート

次の焦点は上院選

掲載日:2020年11月04日

大統領選追加コメント
選挙情勢に詳しいワシントンDCの知人と先ほど協議。バイデン劣勢に同意とのこと。民主党のムードは落胆。しかし、ペンシルバニアとミシガン州は郵便・期日前投票の多くが可算されていないため、バイデンへ傾く可能性は残っている。でも明らかにブルーウェーブは無かった・・・。

上院選見通し
大接戦で見通しが付かない。最終的に民主党は50議席か51議席になる模様。トランプ再選と仮定して、50議席と51議席の1議席では天と地獄の違いがある。民主党が攻勢を掛けているものの、バイデンに足を引っ張られたのか、当初見込まれたネット4~5議席が、3~4議席に止まる様子。共和党はコロラドを落としたものの、アイオワを守ったのは大きい。現在46対46の同点で、残り11議席のうち、民主党は5議席を取る必要がある。アリゾナ、メインそしてノースカロライナが最も危うい。モンタナ、ジョージアそしてカンザスも危険だが何とか守れるかもしれない。民主党が上院を奪回する可能性は十分残っているものの、ここでもブルーウェーブはあまり感じられない。

出所:ロールシャッハ・アドバイザリー

【筆者プロフィール】

ジョセフ・クラフト 
SBI FXトレード株式会社 社外取締役

【略歴】
1986年6月 カリフォルニア大学バークレイ校卒業
1986年7月 モルガン・スタンレーNYK 入社
1987年7月 同社 東京支社
為替と債券トレーディングの共同ヘッドなどの管理職を歴任。
2000年以降はマネージングディレクターを務める。
コーポレート・デリバティブ・セールスのヘッド、債券営業
そしてアジア・太平洋地域における為替営業の責任者なども歴任
2007年4月 ドレスナー・クラインオート証券 入社
東京支店 キャピタル・マーケッツ本部長
2010年3月 バンク・オブ・アメリカ 入社
東京支店 副支店長兼為替本部長
2015年7月 ロールシャッハ・アドバイザリー㈱代表取締役 就任
現在に至る

【ご注意事項】

お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。

【バックナンバー】