口座開設
FX取引

※入力時のご注意

ログインできない場合、古いキャッシュが残っている可能性があります。下記の手順でキャッシュをクリアーの上、再度ログインをお願い致します。
IEの場合は、ツール(T) → インターネットオプション(O) → 全般タブの「閲覧の履歴」の「削除」を実行することでキャッシュがクリアされます。

経営方針
サービス向上委員会
取引ソフトダウンロード

米ドル/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/円

BID

スプレッド

ASK

ユーロ/米ドル

BID

スプレッド

ASK

南アフリカランド/円

BID

スプレッド

ASK

上記スプレッドは1万通貨注文までの原則固定(※例外あり)スプレッドです。スプレッドは注文数量により変化しますので、サービス概要下段の基準スプレッド一覧表で確認ください。

キャンペーン情報
採用情報

PR情報

SBIレミット
SBIソーシャルレンディング
美人財布

もっとFX取引を知ろう

各種テクニカル指標の説明

パターン分析U


(2)コンティニュエーション・パターン

コンティニュエーション・パターンは、現行のトレンドにおける買われ過ぎや売られ過ぎの状態から、しばらく調整するための休止パターンです。そして、休止終了後は、通常元のトレンドに戻ります。また、リバーサル・パターンと比べるとパターン形成期間は短くなります。

1、トライアングル・フォーメーション(三角持ち合い)

@シンメトリカル・トライアングル

シンメトリカル・トライアングルは、トライアングルを形成する上下のラインがともに傾斜しています。そして、パターン終了後は、元のトレンドに戻る確率が高いパターンです。ブレイク後の上値目標は、@からパターン下限ラインまでの垂線の幅と同幅をブレイクポイントから計測したA、APEXから計測したB、そして、@から下限ラインと平行なライン(パラレル・ライン)の延長線上のいずれかとなります。




Aアセンディング・トライアングル(上昇)

アセンディング・トライアングルは、パターン上限ラインが水平で、下限ラインが上昇する形となっています。そして、通常は強気パターンで、ブレイク後の上値目標はAから上限ラインまでの垂線の幅と同幅をブレイクポイントから計測した地点Aとなります。




Bディセンディング・トライアングル(下降)

ディセンディング・トライアングルは、パターン下限ラインが水平で、上限ラインが下降する形となっています。そして、通常は弱気パターンで、ブレイク後の下値目標はAから下限ラインまでの垂線の幅と同幅をブレイクポイントから計測した地点Aとなります。






2、フラッグ型とペナント型

フラッグ型とペナント型は、市場の大きな動きの小休止のもみ合いパターンです。最も信頼できる継続パターンの一つで、転換につながる可能性が低いという特徴があります。両パターンとも、通常1〜3週間以内に形成される短期パターンです。